Top > アンロック武器
HTML convert time to 0.021 sec.


アンロック武器

Last-modified: 2015-02-02 (月) 20:43:14

アンロック武器 Edit

アンロック武器とはアップデートにより追加された新武器です。
実績を一定数取得しマイルストーンを獲得するかプレイ中にランダムで獲得する事で、アンロック武器を入手する事ができます。

5/22のアップデートにより入手方法が追加され、ゲームのプレイ中にランダムで手に入るようになりました。
ゲーム中、アイテムを手に入れたとメッセージが入り、その後死亡するとウィンドウが現れアイテムが入手できます。
現在判明している入手に関する情報

  • 入手したアイテムはキャラクターセットアップ内のバックパックに入ります。(アイテムが重複する可能性もあります)
  • 入手頻度はプレイヤーによってかなり幅がありますが、Valveによれば「二週間毎日遊んでいればコンプリートできる」とのこと。
  • 獲得できるアイテムの中には頭につける装備もあります(アイテム・装備品)。レアアイテムで1鯖1日に1個くらいとのvalve情報
  • その帽子アイテムの一部には、特定の武器を組み合わせて装備することにより特殊な効果が現れるものもあります。
    (例:Gas Jockey's Gear[Pyro] ... Degreaser[プライマリ] + Powerjack[近接武器] + Attendant[帽子])
  • 2010/10/01のアップデートによりアイテムトレード機能が実装されました!不要なアイテムはフレンドやサーバー内にいるプレイヤー同士でどんどん交換して、欲しいアイテムを揃えちゃいましょう。目指せ、わらしべ長者!(一部のアイテムはトレード不可なので注意)

スカウト Edit

Force-A-Nature(フォース・ア・ネイチャー) Edit

プライマリのアンロック。スカウトパックの実績を 10 個解除すると使用可能になる。
Scattergunの代わりとなるダブルバレルショットガン。
従来のScattergunと比べると連射速度が50%速く、一度に発射する弾数が10発から12発に増加、
その代わりに弾一つ当たりの攻撃力が10%低下、装弾数が6発から2発に減少している。
加えて、命中するとダメージによってノックバックで相手を大きく吹き飛ばす特殊効果を持つ。
また、水中や空中で射撃した場合はスカウト自身にもノックバックが発生し、
これを利用した「トリプルジャンプ」を行うことも可能。

Bonk!Atomic Punch(Bonk!アトミックパンチ) Edit

セカンダリのアンロック。スカウトパックの実績を 22 個解除すると使用可能になる。
ピストルの代わりとなる飲み物。
飲み干すと三人称視点になり、6秒間攻撃ができなくなる代わりに無敵となる (攻撃が当たってもMISS!と表示される)。
HUDに「ドリンク」という項目が追加され、このゲージが回復するまで使用不可能。
また、使用中はユーバーチャージと同じ特性が出るため、CPのキャプチャや機密書類の取得は不可能になる。

Sandman(サンドマン) Edit

近接のアンロック。スカウトパックの実績を 16 個解除すると使用可能になる。
バットの代わりとなる近接武器。
装備すると体力が15減る代わりに、バットにボールを打って飛ばす能力が追加される。
初期設定では、左クリックで殴り、右クリックでボールを打つことができる。
このボールが命中した敵はスタンして一定時間攻撃不能になる(頭を抱えて逃げ回る)。
攻撃不能になる時間は当てた距離に比例して伸びる。
最大距離から直撃させた場合はホームランとなり、完全に行動不能に出来る(頭にBonk!と表示される)。
また、通常の金属バットと同様に直接相手を殴ることも可能。水中ではノックができない。

Crit-a-Cola(クリッツ・ア・コーラ) Edit

10/04/29のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
使用すると1.25秒かけてドリンクを飲み、以後6秒間攻撃がミニクリッツになるが
受けるダメージもミニクリッツになってしまう
KritzkriegとBonkジュースで作成可能

Shortstop(ショートストップ) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
連射速度とリロードが早いのが特徴。
散弾銃だがセカンダリ武器がピストルの場合、弾薬が共有されてしまう。弾薬の管理には気を配ろう。
野球の「遊撃手」が名前の由来だが、搭載予定だったちょっと(ショート)だけ動きを止める(ストップ)効果もかけ合わせていた(予定だと1回命中につき0.5秒間効果)。
しかし、バグにより正常に動作しなかったので速度低下の効果は結局なかった事になってしまった。
Force-A-Natureと再生メタルで作成可能

Mad Milk(マッドミルク) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
特殊なミルクが入った瓶。投げつけると中身が飛び散り、範囲内の敵にぶっかけることが出来る。
このミルクがかかった相手を攻撃すると、攻撃側のプレイヤーのヘルスを与ダメージの75%分回復することが出来る。
この効果は、他の味方プレイヤーにも適用される。アシストにも最適。
ちなみにゲーム中の説明には「ミルクではない何か」と記されている。スナイパーのJarateの中身がアレだけに、これにはスカウトの母乳でも入っているのだろうか?
Jarateと再生メタルで作成可能

Holy Mackerel(ホーリーマカラル) Edit

「サカナ・de・キル!」
10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
なんと武器に本物の魚まで登場してしまった。FPSは数あれど、鯖で相手を撲殺するなんてこのゲームくらいしかやらないのでは?
活きがいいのか、持っている間でも常にピチピチ(ウネウネ?)動いている。
性能自体はデフォルトの金属バットと違いはないが、これで相手を攻撃するとキルログに特殊なメッセージが表示される。
Sandmanと再生メタルで作成可能...魚なのに材料がメタルとは何を意味するのか?

Lugermorph(ルガーモーフ) Edit

「Sam and Max: The Devils Playhouse」の予約特典の一つである限定アイテム
スカウト・エンジニア共通のセカンダリ武器
性能はデフォルトのピストルと同じ。
見た目がちょっとオサレ。

Candy Cane(キャンディー・ケーン) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
キャンディーケーンとはアメリカのクリスマスでツリー等の飾りつけによく使われる杖の形をした千歳飴のようなもの。それの武器である。
これを装備しているときに相手を倒すと小ヘルスパックがポンと飛び出す。そのかわり、爆発ダメージが25%増加してしまう。
サカナの次はキャンディー、スカウトは何故こうも食べ物を武器にするのに拘るのだろうか?ちなみに、この武器で誰か倒しても「アメ・de・キル!」といった表示は出ない。
KritzkriegとPain Trainで作成可能

Boston Basher(ボストン・バッシャー) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
見るからに物騒な釘バット。この武器で攻撃すると相手を5秒間出血状態にできるが、空振りするとその効果が自分に返ってくる。まさに諸刃の剣。ちなみに、物や地面、味方に攻撃を当てた場合は自分へのダメージはない。
もともとはSandmanのユーザー製スキン替えMODとして登場したが、アップデートにより特殊効果付きで公式化された。
SandmanとTribalman's Shivで作成可能

Sun-on-a-Stick(サン・オン・ア・スティック) Edit

11/02/03のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
先端にトゲのついた光の玉が乗っかっている棍棒(メイス)。
一撃の威力がやや弱くなってしまうが火だるまの敵に対しては必ずクリティカルヒットになるという、パイロのAxtinguisherに似た効果が特徴。
味方パイロとの連携攻撃が重要になってくるだろう。
Boston Basherと再生メタル2個で作成可能

ソルジャー Edit

Equalizer(イコライザー) Edit

近接のアンロック。ソルジャーパックの実績を5個解除すると使用可能になる。
ヘルスが少ないほど攻撃力アップする格闘武器
装備中はメディックのヒールを受けられないので注意
挑発すると指の骨を鳴らした後、手榴弾のピンを抜き自爆する
他のTaunt Killとは違い相打ちにはなるが、これで相手を殺す事も可能。
範囲攻撃となるので複数人を倒す事も可能ではあるが、実用性は皆無。
ちなみにモーションが終了する前に吹き飛ばされた場合、自爆はキャンセルされる。

Direct Hit(ダイレクトヒット) Edit

プライマリのアンロック。ソルジャーパックの実績を11個解除すると使用可能になる。
弾速と威力が上がっている上、空中の敵に当てるとミニクリッツが出るロケラン
ただし爆風の大きさはテレポータ以下と言う極小範囲で当てにくい

Buff Bunner(バフ・バナー) Edit

セカンダリのアンロック。ソルジャーパックの実績を17個解除すると使用可能になる。
ダメージを与える度にゲージが貯まり、満タンで発動できるようになる
発動中は自分とその周りの味方が10秒間ミニクリッツユーバー状態になる

Gunboats(ガンボート) Edit

セカンダリのアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
ロケットジャンプによるダメージを60%軽減してくれる。
Chargin' TargeとRazorbackで作成可能

Pain Train(ペイン・トレイン) Edit

10/03/18のアップデートにより追加されたソルジャー・デモマン共通の近接武器。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
装備するとスカウトのように一人で二人分のキャプチャーができるようになるが
銃弾系のダメージが10%増加してしまう。
ちなみに、柄の部分は壊れたAxtinguisherの柄らしい。
Sandmanとスクラップメタルで作成可能

Black Box(ブラックボックス) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
攻撃が命中すると、ヘルスが15回復する。複数の相手に爆風を巻き込めば、その分回復量もプラスされる。
ただし弾倉が3発分しかないため、やたらと連射ができないのが欠点。
Direct Hitと再生メタルで作成可能

Battalion's Backup(バタリオンズ・バックアップ) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
The Buff Bunnerとは逆に、ダメージを受ける度にゲージが貯まり(自爆ダメージ除く)、満タンで発動できるようになる。
発動中は10秒間、自分とその周りの味方へのクリティカル・ミニクリッツヒットを防止し、さらにダメージを35%和らげてくれる。
スナイパーのヘッドショット対策にもってこいである。タイミングさえ合えば、相手のThe Kritzkriegもほぼ無効化できる。
Buff Bannerと再生メタルで作成可能

Rocket Jumper(ロケットジャンパー) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック
クラフトでのみ入手可能。
自爆ダメージがないロケットランチャー。ただし、敵にもダメージを与えられない。おまけに銃弾、爆発、炎のダメージが2倍に跳ね上がってしまう。
ロケジャンの練習やジャンプマップで使おう。くれぐれも実戦には持ち込まないように。(初心者は)
稀にロケットジャンパーとBACEジャンパーとマーケット・ガーデナーを使ったプロがいるが初心者がやると絶対無理なのでおすすめしない
ちなみに見た目はデフォルトのロケットランチャーと違い、いかにも玩具っぽくされている。
マントレッド3個+再生メタルで作成可能

Frying Pan(フライパン)※配布終了 Edit

10/10/01のアップデートにより(一部のプレイヤーのみに)追加されたソルジャー・デモマン共通の近接武器。
「Left 4 Dead 2」のゲームを所持していたプレイヤーに配られた限定アイテム。
見たまんまのフライパン、それ以上でもそれ以下でもない。
元のゲームと同じく、相手を叩くと気持ちイイ音がする。性能自体はデフォルトの近接武器と同じ。

パイロ Edit

Flare Gun (フレアガン) Edit

セカンダリのアンロックShotgunの代わりとなる武器。
遠距離から敵を燃やすことが出来るが、正確なAimが必要。
燃えている敵に当てるとクリティカルヒットとなる。
パイロパックの実績 38個 中 10 個達成で得ることができる。

Backburner (バックバーナー) Edit

通常の火炎放射器より10%威力がアップし、背後から攻撃するとクリティカルヒットとなる。
ただし、圧縮ブラスト一発につき弾薬を50も消費してしまうので、攻撃の反射や消火よりも攻撃がメインになるだろう。
パイロパックの実績 38個 中 16 個達成で得ることができる。

Axtinguisher (アクスティングイシャー) Edit

燃えている敵に攻撃することで必ずクリティカルヒットとなる。
ただし、燃えていない敵には威力が半減し、クリティカルヒットは出なくなる。
通称「消火斧」。
パイロパックの実績 38個 中 22 個達成で得ることができる。

Homewrecker(ホームレッカー) Edit

10/03/18のアップデートにより追加された近接のアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
敵建設物に対して100%の追加ダメージ(つまり通常の倍のダメージ)を与えるが
敵プレイヤーに対してはダメージが通常の75%に減少する。
Spyのサッパーを1撃で除去することができる。
EqualizerとEyelanderで作成可能

Degreaser(ディグリーザー) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
延焼ダメージが少なくなってしまう替わりに、武器の持ち替えが素早くなる効果がある。
ファイアコンボで相手を追い詰めるのに最適。
Backburnerと再生メタルで作成可能

Powerjack(パワージャック) Edit

10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
自動車用のバッテリーとジャッキを無理やりくっつけたような見た目の特製の鈍器。
この武器で相手を倒すとヘルスが75回復するが、近接攻撃によるダメージが20%増加してしまう。
Axtinguisherと再生メタルで作成可能

Back Scratcher(バック・スクラッチャー) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
血の跡が付いたガーデニング用の熊手、名前は「孫の手」や「おべっか使い」という意味。
デフォルトの消防斧よりダメージが25%アップし、ヘルスパックを拾ったときの回復効果が50%上乗せされる。ただし、メディックやディスペンサーなどからの回復効果が75%減少されてしまう。
もともとはAxtinguisherのユーザー製スキン替えMODとして登場したが、アップデートにより特殊効果付きで公式化された。
AxtinguisherとScotsman's Skullcutterで作成可能

Sharpened Volcano Fragment(シャーペンド・ボルケイノ・フラッグメント) Edit

11/02/03のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
刃の先っちょが燃えるように赤い斧。威力はデフォルトの消防斧よりやや落ちてしまうが、ヒットした敵を炎上させる事ができる消火斧ならぬ「着火斧」。
いくつかの追加武器と同様、水中戦や敵パイロ相手だと大して役に立たない所は相変わらずである。
Axtinguisherと再生メタル2個で作成可能

デモマン Edit

Eyelander(アイランダー) Edit

近接のアンロック。デモマンパックの実績を11個解除すると使用可能になる。
敵の首を求める呪われし魔剣。装備していると怪しげな声が聞こえてくるだろう。
装着すると最大ヘルスが25減少するが、敵を倒すごとに4段階まで移動速度と最大ヘルスが増加する。
Eyelanderのみ装備してもクリティカルは発生せず、Chargin' Targeの突進でのみクリティカルが発生する。
他の近接武器よりも長めで、やや離れた相手にも攻撃が届く特徴がある。
Eyelanderで得たボーナスはEyelander以外の武器を構えていても効果が持続する。
挑発でも剣を振り回し敵の首を撥ねることが出来る

Chargin' Targe(チャージン・タージ) Edit

プライマリのアンロック。デモマンパックの実績を5個解除すると使用可能になる。
装着すると+50%の火炎耐性と+40%の爆風耐性が付く
ゲージ満タンでタックル攻撃が出来るようになり、距離に応じてクリティカルが付加され、中距離ではミニクリッツ、遠距離ではクリティカルが付加される。ただしこの効果は近接武器にのみしか適用されない。

Scottish Resistance(スコティッシュレジスタンス) Edit

プライマリのアンロック。デモマンパックの実績を17個解除すると使用可能になる。
弾薬の数が36発もあり、一度に14個までの粘着爆弾を設置することができる。連射速度もデフォルトの粘着爆弾ランチャーより早い。
ただし、粘着爆弾ランチャーよりも発射から起爆可能までの時間が0.8秒長い(即爆出来ない)。
一度の起爆で全ての粘着爆弾が爆発するのでは無く、グループを指定して起爆することができる。
照準を粘着爆弾に合わせると色が変わる。色が変わった粘着爆弾はグルーピングされたことを示しており
起爆するとそこだけが爆発する。また、設置した爆弾は壁や障害物越しでも位置を確認することができ、爆風で敵の粘着爆弾の破壊もできる。
ちなみに、海外での略称は「SR」など。日本では一部のプレイヤーが「スコティッシュウンコ」と呼ぶことも。

Pain Train(ペイン・トレイン) Edit

10/03/18のアップデートにより追加されたソルジャー・デモマン共通の近接武器。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
装備するとスカウトのように一人で二人分のキャプチャーができるようになるが
銃弾系のダメージが10%増加してしまう。
コミュニティでこの武器が考案された時点では、もともとパイロ用の武器として登場させる予定だったらしい。
Sandmanとスクラップメタルで作成可能

Scotsman's Skullcutter(スコッツマンズ・スカルカッター) Edit

10/05/21のアップデートにより追加された近接のアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
ボトルと比べて20%攻撃力が上がるが、15%移動速度が低下してしまう。
Eyelanderと同じく、デフォルトの近接武器より攻撃がやや遠くまで届く。
JarateとAxtinguisherで作成可能

Sticky Jumper(スティッキージャンパー) Edit

10/10/28のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック。
クラフトでのみ入手可能。
自爆ダメージがない粘着爆弾ランチャー。ただし、敵にもダメージを与えられない。おまけに銃弾、爆発、炎のダメージが2倍に跳ね上がってしまう。
Rocket Jumperのいわば、デモマンバージョンである。粘着ジャンプの練習やジャンプマップ用。やっぱり実戦には持ち込まないように。
見た目もデフォルトの粘着爆弾ランチャーと同じ。
クラフト用の専用レシピは無く、デモマントークン+プライマリトークン+スクラップメタルで3種のプライマリ武器のうちランダムで作成される方法しかない。

Horseless Headless Horsemann's Headtaker(ホースレス・ヘッドレス・ホースマンズ・ヘッドテイカー) Edit

10/10/28のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ある特別アイテムのクラフトでのみ入手可能。
やたら長い名前と、不気味な顔がデザインされているのが特徴の大斧。
性能自体はアンロック武器のEyelanderと全く同じ。デメリットも同じ。
精錬メタル2個とホーンテッドメタルスクラップとScotsman's Skullcutterで作成可能
(ホーンテッドメタルスクラップはハロウィンイベント限定で特別な条件下でしか手に入らないレアアイテム)

Frying Pan(フライパン)※配布終了 Edit

10/10/01のアップデートにより(一部のプレイヤーのみに)追加されたソルジャー・デモマン共通の近接武器。
ソルジャーの物と全く同じなので説明は省く。

Loch-n-Load(ロックン・ロード) Edit

10/12/17のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
砲身が二門くっついたグレネードランチャー。直撃ダメージが20%アップし、弾速も25%速くなっている。
ただし、2発ごとにリロードが必要、自爆ダメージも25%増加し、更にはグレネードを外すと爆発せずに消滅してしまう欠点もある。(いわばDirect Hitのデモマンバージョンとも言えるかも?)
再生メタル2個とScottish Resistanceで作成可能

Ullapool Caber(ウラプール・ケイバー) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
M24型柄付手榴弾を彷彿とさせる爆弾で相手を殴る、いかにもデモマンらしい近接武器。
これの攻撃を相手にヒットさせると大爆発をおこし、相手どころか周囲の敵を巻き込むことも出来る。当然、自身も自爆ダメージを受けてしまう(100ポイント)。
爆発後は先端が破壊され普通に殴る攻撃しかできなくなるが、威力がデフォルトの酒瓶の半分になってしまい、また、ランダムクリティカルも出ない(補給棚で復元可)。
Chargin' Targeと一緒に装備すれば、爆弾片手に敵群へ神風特攻という男のロマンあふれる攻撃も可能。
再生メタル2個とPain Trainで作成可能

Claidheamh Mor(クレフモア) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
スコットランド・ゲール語で「大剣」、「グレートソード」を意味する言葉。
RPGやファンタジーモノの物語が好きな方なら一度は聞いたことがあると思われる、スコットランドの剣「クレイモア」の元になった名前でもある。
Chargin' Targeの突撃時間を0.5秒延長させる効果があるが、ランダムクリティカルが出なくなり、最大ヘルスが15ポイント減らされてしまう。
また、Eyelanderのようなヘッド数によるパワーアップ効果もない。装備の際はChargin' Targeも忘れずに。
もともとはEyelanderのユーザー製スキン替えMODとして登場したが、アップデートにより特殊効果付きで公式化された。
Chargin' TargeとHomewreckerで作成可能

ヘビー Edit

Natascha(ナターシャ) Edit

ミニガン(サーシャ)のアンロック。ヘビーパックの実績を 16 個解除すると使用可能になる。
スピンアップ時間が1.3倍になり攻撃力が25%減る代わりに、ヒットした瞬間だけ敵の動きを鈍くする事が出来る。

Sandvich(サンドヴィッチ) Edit

セカンダリのアンロック。ヘビーパックの実績を 10 個解除すると使用可能になる。
使用すると4秒間その場で立ち止まり、サンドヴィッチを食べ続けヘルスをほぼ満タンまで回復できる。
一度食べ始めるとキャンセル不能。食べている音が周りに聞こえる。
挑発でも同じように食べられる。回復量に違いはないが、持ち替える動作をキャンセルして食べることが出来る。
食べ始めた後、タイミング良くメディックコールやラジオボイスを発すると
モシャモシャ音を消すことができる。
また、アップデートによりサンドヴィッチのお裾分けができるようにもなった。
食べ始めてから・投げてから約30秒経過するか、体力が満タンの時にヘルスキットを拾うことで再び利用できるようになる。

Dalokohs Bar Edit

10/03/18のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
アイテム作成のコミュニティイベントで作られたものらしい。
使用すると4秒間その場で立ち止まり、チョコレートバーを食べ続けライフを合計60回復できる。
また、特殊なオーバーヒール状態となり最大ヘルス値が350まで増加する。ただし30秒断つと元に戻るので注意。
回復量や特殊なオーバーヒール状態をのぞけば、サンドヴィッチとほぼ同じである。ただしおすそ分けをすることはできない。
サンドヴィッチと違って制限なしに何度でも連続して使用できる。
Sandvichとスクラップメタルで作成可能

K.G.B.(Killing Globes of Boxing / キリング・グローブ・オブ・ボクシング) Edit

近接の拳のアンロック。ヘビーパックの実績を 22 個解除すると使用可能になる。
拳と比べて攻撃速度が遅くなるかわりに、これで敵を倒す(当てるだけでは駄目)とクリティカルユーバーをもらった時のように、5秒間だけ全ての攻撃がクリティカルになる。さらにK.G.B.で倒すとクリティカル残り時間が再び5秒にリセットされる。

G.R.U. (Gloves of Running Urgently / グローブ・オブ・ランニング・アージェントリー) Edit

10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
このグローブを構えている間は、足の速さがパイロやエンジニア並みに速くなる。元々足が最も遅いクラスなので、非常にありがたい効果が得られる。
しかし、パンチ攻撃の威力が半減してしまう上、構えている間は1秒毎に6ダメージを受けるデメリットもあるので、回復は怠らないようにしよう。
Killing Gloves of Boxingと再生メタルで作成可能

Brass Beast(ブラス・ビースト) Edit

10/12/17のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
中世の設置式ガトリングガンにも似た、真ちゅう製のボディが眩しいミニガン。
デフォルトのミニガンよりもダメージが20%アップするが、発射可能になるまでのスピンアップ時間が1.5倍になり、銃身回転中のスピードに至っては何と60%もトロくなってしまう。
再生メタル2個とNataschaで作成可能

Buffalo Steak Sandvich(バッファロー・ステーキ・サンドヴィッチ) Edit

10/12/17のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。肉を食べてにっくにくにしてやんよ。
ヘビーはとうとう分厚い生肉までかじるようになってしまった。
食べるとスカウトのCrit-a-Colaのように与&被ダメージがミニクリティカルになり、それにプラスして足の速さも35%アップする。
ただし、効果中は近接武器でしか攻撃できなくなる。また、この肉を食べて体力を回復させることもできない。サブ攻撃キーを押すと肉がお皿に配膳されSandvichと同様、取ることでヘルスを回復できる。
ちなみに、修正前はG.R.U.と併用することでスカウトも真っ青のスピードで走り回るという「ヘビーってどんなクラスだっけ?」と思わせるような芸当も可能だった。
再生メタルとSandvichで作成可能
※ヘビーは特別な胃袋を持っています、生食用でない肉の生食は大変危険です。決してマネをしないでください!

Warrior's Spirit(ウォーリアーズ・スピリット) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
クマさんの大きなお手手の手袋、鋭く大きな爪でザクッと相手を攻撃する。
デフォルトの素手よりダメージが30%アップするが、最大ヘルスが20ポイント減らされてしまう。
スクラップメタル2個とG.R.U.で作成可能

Fists of Steel(フィスツ・オブ・スチール) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
巨大ロボットを彷彿とさせる鉄のゲンコツ。使用中は発射物などいわゆる「飛び道具」によるダメージを40%軽減でき、レベル1のセントリーガン程度なら攻撃に耐えながら一人で叩き潰すことも可能。
ただし、その間は近接攻撃のダメージが2倍になってしまうので、分かっている相手なら素早く近接武器に持ち替えられてアッサリやられてしまうことも少なくない。
また、武器の持ち替えが少し遅くなる点も注意。
ちなみに打撃音が金属っぽい硬い音に変化する。が、構える際に両拳を合わせるときの音はK.G.B.などと同じく「ポスッ」という音だったりする。
再生メタルとK.G.B.で作成可能

エンジニア Edit

Frontier Justice(フロンティア・ジャスティス) Edit

プライマリのアンロック。エンジニアパックの実績を 5 個解除すると使用可能になる。
セントリーガン(以下SG)が敵を一人倒すたびに2発分、キルアシストで1発分のクリティカルボーナスが溜まり
SGが破壊されるor自分で破壊した場合にそれまでのクリティカルボーナスが得られる。
クリティカルボーナスは所持弾数最高の35までキープできる。
ランダムクリティカルがなくなるのと、3発ごとにリロードが必要なところが欠点である。

Wrangler(ラングラー) Edit

セカンダリのアンロック。エンジニアパックの実績を 17 個解除すると使用可能になる。
Wrangler自体に攻撃能力は無いが、自分のセントリーガンをコントロールできるようになる。
コントロール中のセントリーガンにはダメージを66%軽減させるシールド能力と
機銃・ロケットの発射間隔が短くなる能力が付く。
公式発表ではWranglerから切り替えると3秒間無防備状態になるとあるが
攻撃機能が働かないだけでシールドは張ったままのうえ、またWranglerに戻せばすぐに操作できる。
3秒後には自動操縦に戻る。

Gunslinger(ガンスリンガー) Edit

近接のアンロック。エンジニアパックの実績を 11 個解除すると使用可能になる。
ランダムクリティカル無し。
最大ヘルス+25のボーナスと敵を殴り続けて3回目の攻撃がクリティカルになる。
その代わりとして建てられるセントリーガンがコンバットミニセントリーガンになる。

Southern Hospitality(サウザン・ホスピタリティ) Edit

近接のアンロック。実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
ランダムクリティカル無し。
ヒット時に5秒間出血ダメージを与えることができるが、炎ダメージが20%増加してしまう。
Ambassadorとスクラップメタルで作成可能

Lugermorph(ルガーモーフ) Edit

「Sam and Max: The Devils Playhouse」の予約特典の一つである限定アイテム
見た目はスカウトのものと共通で、デフォルトのピストルと同じくスカウトの物より無駄に弾数が多い。

Golden Wrench(ゴールデンレンチ)※配布終了 Edit

期間限定でたった100名のみに配布された、超レア近接武器。
名前通りの金ピカレンチ。殴り倒した相手を黄金像に変えるが、威力自体はデフォルトのスパナと同じ。
いろいろ謎がつきまとう不思議なアイテムである。

Jag(ジャグ) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。「俺の名を言ってみろ!」とは関係ない。
先端のカーブとトンガリがちょっとオサレなレンチ。
この武器で作成中の装置を叩き続けると作成スピードが30%早くなるが、与ダメージがデフォルトのレンチより25%低くなってしまう。
スクラップメタル2個とSouthern Hospitalityで作成可能

メディック Edit

Blutsaugher(ブルートザオガー) Edit

Blutsaugher は 今までのSyringeGunと違い、ヘルスの自然回復能力が通常より2ポイント少ない1〜4ポイントになる代わりに、敵に攻撃がヒットする事で自分のHPを回復させることができる。ヒット時のダメージはSyringeGunと変わらず、回復は3で固定(クリティカルヒットでも同様)。
メディックパックの実績 39個 中 10 個達成で得ることができる。

Kritzkrieg(クリッツクリーク) Edit

Kritzkriegはタイプの違うメディガンで、これを使ってユーバーチャージを発動させると対象の味方の攻撃に全てクリティカルが発生するようになる。しかし発動対象はもちろんメディック自身も無敵になることはできないので発動中にあっさり死ぬ可能性もある。
通常のメディガンよりも25%だけユーバーチャージが溜まるのが早くなっている。
通称「クリッツ、クリユーバー」。
メディックパックの実績 39個 中 16 個達成で得ることができる。

Ubersaw(ユーバーソウ) Edit

Ubersaw は、当てるとユーバーチャージを全体の25%分チャージすることができる。代わりに振りの速度は少々遅くなっている。
また、挑発の突き刺しで相手を一撃で倒すことも可能。成功するとユーバーチャージが一気に満タンになるというおまけ付き(が、タイミングが難しいのは言うまでもない)。
メディックパックの実績 39個 中 22 個達成で得ることができる。

Vita-Saw(ヴィタ・ソウ) Edit

10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
最大ヘルスが140に減らされてしまうが、死亡しても最高20%までユーバーチャージゲージを保持したままリスポーンができる。
ヘルスが減るというデメリットはあるものの、保険として持っておくというのもアリかもしれない。
スクラップ2個とUbersawで作成可能

Crusader's Crossbow(クルセイダーズ・クロスボウ) Edit

10/12/17のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
まさかのメディック用ボウガン。スナイパーのHuntsmanのようにヘッドショットはないが、敵に当てるとダメージ、味方に当てると回復効果、じゃあ味方に変装している敵スパイだとどうなんだ?というと、その場合ダメージを与えられる。
効果量は距離に比例して増大する。1発発射ごとにリロードが必要だが、リロードスピードが遅いので注意。
使用武器が制限されるMedievalモードで使える数少ない飛び道具の一つでもある。
再生メタル2個とHuntsmanで作成可能

Amputator(アンピュテーター) Edit

10/12/17のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
見た目がデフォルトと違う骨ノコギリ。この武器の挑発はデフォルトの骨鋸と一緒だが、その際に周囲の味方のヘルスをまとめて回復させることが出来る。
それ以外では、性能面もデフォルトの骨鋸と同じように使うことができる。
オーバーヒールができない、ユーバーチャージが溜められないという欠点を踏まえて使いわけよう。
ちなみに、名前は切断手術を意味する「アンピュテーション(Amputation)」が元になっている。
スクラップメタル1個とVita-Sawで作成可能

スナイパー Edit

Huntsman(ハンツマン) Edit

プライマリのアンロック。スナイパーパックの実績を 5 個解除すると使用可能になる。
スナイパーのクールな外見には似合わない弓。
スナイパーライフルとは違い、ズームは出来ない。
チャージをすると攻撃力が上がるという点では変わらないが、弓なのでチャージをしないと矢が遠くまで飛ばない。
矢は即着弾では無く、放物線を描いて飛ぶので相手の動きを読まなければ当たらない。
水中や空中では弓を引くことは出来ない。(ただし水中では入る前に弓を引いていた場合、一発だけ矢を放つことが出来る)
ずっとチャージしていると、スナイパーの手が震えはじめ、矢がとんでもない方向に飛んでいく。
そのかわりに、チャージは1秒で完了する
ノーチャージでも威力55、フルチャージで120
ヘッドショットで3倍なのは変わらず
ダメージの距離減衰はなし。
使用武器が制限されるMedievalモードで使える数少ない飛び道具の一つでもある。

Jarate(ジャラテ) Edit

セカンダリのアンロック。スナイパーパックの実績を 11 個解除すると使用可能になる。
スナイパーのクールな外見ぶち壊しアイテムその2
サブマシンガンの替わりに持つアイテム、特殊な液体が入った瓶を持つ。
瓶を投げると中身が霧状に飛び散り、一定範囲の敵や味方にぶっかける事が出来る。
敵にかかった場合、一定時間攻撃によって与えられるダメージが約35%アップ(MINI CRIT)しその間、敵の体からは黄色い雫が滴り落ち相手の視界も黄色っぽくなる。雫によって透明化した敵スパイを見破ることも出来る。
味方にかかった場合、敵パイロによって火だるまにされていた状態ならば消火することも出来る。
使用回数に関しては、このアイテム自体が特殊な弾薬として設定されており、弾薬アイテムや落ちている武器などによって補充することが出来ない。(Sandmanのボールに似ているが、Jarateの瓶を拾って使うことは出来ない)
時間とともに回復するゲージを満タンにするか、リスポンルームにある回復ロッカーによって再び使用可能にすることが出来る。
ちなみにJarateの中身はスナイパー本人の小便であり、敵にぶっ掛けても味方にかけても相手は複雑な気持ちになるだろう。

Razorback(レイザーバック) Edit

セカンダリのアンロック。スナイパーパックの実績を 17 個解除すると使用可能になる。
TF2で1、2を争うバックスタブ被害者のための特化アイテム。こちらもサブマシンガンの装備の替わりに背中に背負う盾。
武器ではなく防具なので、これを装備すると攻撃用の武器もひとつ減ってしまう。
その代わりにスパイからバックスタブを食らっても最初の一撃は無効化した上、相手のスパイは2秒間あらゆる攻撃が使用不能なる。盾には1万ボルトの電圧が埋め込まれているが、ダメージは与えられない。
大きな音が鳴る上、スナイパーライフルのズーム中だと強制的に解除されるのでとてもわかりやすい。
効果発動の際に盾は粉々に砕け散る使い捨て仕様、ロッカーの弾薬箱を開けると再装備できる。
しかし、スパイ側もナイフが駄目なら至近距離からリボルバーで撃ち殺せばいい話なので、周囲に助けてくれる味方が居ないような状況下ではほぼ役に立たない。

Tribalman's Shiv(トライバルマンズ・シヴ) Edit

10/05/21のアップデートにより追加された近接のアンロック。
実績解除ではもらえずドロップかクラフトでのみ入手可能。
普通のククリと比べて50%ダメージが低下するが、6秒間出血ダメージを与えることが出来る。
HuntsmanとDead Ringerで作成可能

Sydney Sleeper(シドニースリーパー) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
ランダムクリティカルもヘッドショットダメージも無くなった替わりに、チャージショットによりダメージ+Jarateの効果を相手に与えることができる。また、チャージ速度も25%速くなっている。
相手に命中時、Jarateと同じく中身が飛び散るので周囲の相手も巻き込んで効果が出る。
Huntsmanと再生メタルで作成可能
とうとう距離関係なしに小便を撒き散らせるようになったスナイパー、彼は一体どこへ向かおうしているのだろうか…

Darwin's Danger Shield(ダーウィンズ・デンジャーシールド) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたセカンダリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
装備すると最大ヘルスが150まで上昇する。良くも悪くもそれだけのアイテム。
Razorbackと再生メタルで作成可能

Bushwacka(ブッシュワッカ) Edit

10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
ミニクリッツダメージをクリティカルヒットダメージに変換して相手にダメージを与えられる。
Jarateとの相性が非常に良い。
ただし、炎ダメージの耐性が20%低下してしまう点に注意。
Eyelanderと再生メタルで作成可能

スパイ Edit

Ambassador(アンバサダー) Edit

リボルバーのアンロック。スパイパックの実績を 5 個解除すると使用可能になる。
通常のリボルバーよりも攻撃力が-15%された代わりに、初弾の集弾性能がSniper Rifle並みになり、ヘッドショット判定が付いた。
初弾は狙った場所に真っ直ぐ飛ぶが、撃った際に照準が広がり照準が元に戻るまでは集弾性能が悪くなる。

Deadringer(デッドリンガー) Edit

金色の懐中時計。スパイパックの実績を 17 個解除すると使用可能になる。透明マント(クローク)のアンロック・その1。
構えた状態で攻撃を受けると、死体を作り出した上で自分は透明化するという擬死装備。
段差から降りた際の落下ダメージでも発動してしまう。
メタルを拾わなかった場合での透明化の時間は最大6秒間で、透明化の時に受けた攻撃及び透明化している間の攻撃の全てのダメージを約1/10にする(燃え移っている炎も一旦鎮火する)。透明化する際にはキルログ及びスコアボードにSpyが死んだ情報が載り、透明化を解除するまではその状態が続く。
いいこと尽くめの上位互換のようにも見えるが、自らの意思で透明化することが出来ない、透明化を解除する際に非常に大きくて分かりやすい音が鳴る等のデメリットも存在する。また他のクローク同様、スナイパーのアンロック「Jarate」の効果を防ぐことも出来ない。

Cloak and dagger(クロークアンドダガー) Edit

透明マント(クローク)のアンロック・その2。スパイパックの実績を 11 個解除すると使用可能になる。通常のクロークとは形が違う腕時計。
こちらは好きなタイミングで透明化できて、動きを止めるかマントを解除すればゲージが回復する。
ただし、通常の透明マントのようにメタルを回収しても回復はしない。
透明化していてもゲージは回復するので、使いようによっては無限に透明化したまま移動できる。
なおゲージの消費量は移動速度に比例し、しゃがみ移動だと消費が遅く、高いところから飛び降りたりジャンプした場合、走って移動するよりも消費が早くなる。
ゲージが無くなると透明化解除するかジッとしない限り半透明のまま走りまわるハメになり、相手にものすごく怪しまれるので注意。

L'Etranger(エトランゼ) Edit

10/10/01のアップデートにより追加されたプライマリのアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
相手を撃つと命中時に透明マントゲージが15回復する。
ただし、威力がデフォルトのリボルバーより20%低下している。
ちなみにエトランゼとは「異邦人」という意味、神出鬼没で相手にとって招かれざる客のスパイにふさわしい名前である。根津甚八の曲を思い浮かべた人はかなりのオッサンであろう。
Dead Ringerと再生メタルで作成可能

Your Eternal Reward(ユア・エターナル・リワード) Edit

10/10/01のアップデートにより追加された近接のアンロック。
ドロップかクラフトでのみ入手可能。
このナイフで相手を殺害すると、その相手に一瞬で変装をし相手の死体も消えてしまう。殺害時の悲鳴もあげさせないので、他の相手にも気づかれにくくなる。
ただし変装キットが使えなくなるので透明化の活用がより一層重要となり、エンジニアのセントリーガンにも一段と警戒する必要がある。
Cloak & Daggerと再生メタルで作成可能

Big Kill(ビッグキル)※配布終了 Edit

「Sam and Max: The Devils Playhouse」の予約特典の一つである限定アイテム
デフォルトのリボルバーと性能は一緒で、見た目がちょっとオサレに変わるだけ。