Top > Scoutのセリフ
HTML convert time to 0.122 sec.


Scoutのセリフ

Last-modified: 2010-11-07 (日) 14:21:50
  • 20秒以内に2人以上の敵を連続Killした
    "That's what I'm talking about!"
    「やっぱ、こう来なくっちゃな!」
    (この言い回しは他人が何か面白いことを言った時なんかに使う。直訳すると「今その話してたんだよ(空気読めよなぁ!)」という感じだが、実際に使われるノリに合わせて意訳するとこの日本語が当てはまる。どちらにせよ、かなりウザくてイラつく。)
    [Evil Laughter]
    [意地悪い笑い]
    [Happy Laughter]
    [嬉しそうに笑う]
    [Happy Laughter 2] "You got owned!"
    [嬉しそうに笑う2]「ぶちのめしてやったぜ!」
    [Happy Laughter 3]
    [嬉しそうに笑う3]
    [Happy Laughter 4]
    [嬉しそうに笑う4]
    [Long Laughter]
    [長い笑い声を上げる]
    [Long Laughter 2]
    [長い笑い声を上げる2]
    "Not so tough now are ya? Are ya?!"
    「あんたタフなんだろ? 今はどうだい? なあ?」
    "You knuckleheads ain't even worth the effort."
    「テメェみてぇなとんまは、相手にすんのも時間の無駄さ!」
  • Killアシスト
    "Way to go, pally!"
    「いいぞ!相棒!」
    "We got 'em, we got 'em!"
    「俺たちで仕留めたぜ!俺たちで!!」
    (Scoutにも感謝しろよってこと。恩着せがましい感じ)
  • 敵を制圧
    "Dat's what I'm talking about!"
    「だ〜から言ってんだろう!」
    "Y'just got freakin' dominated knucklehead awright let's do this."
    「トンマが!思いっきり制圧してやったぜ!よっしゃ、やっちまうかぁ!」
    (freakin'はfunkingの婉曲表現)
    "Yeah, dat's right!"
    「ヘッヘェ!どうよ!」
    "Ha ha! Look at you! You look like you ran through traffic!"
    「ハッハァ!ざまぁねぇな!車に轢かれたみてぇにぐちゃぐちゃだぜ!」
    "Yo, did ya even see me hittin' ya?"
    「よぉ、速すぎて見えなかったろ?俺のバットさばき!!」
    "It's starting to bore me how much you suck. "
    「テメェが糞すぎて、退屈してきたぜ」
    "Hey knucklehead, you ain't gonna win."
    「おいトンマ、テメェじゃ俺には勝てないぜ」
    "I don't usually kill morons this fast."
    「普段はこんなに早く馬鹿を殺しはしねぇんだがな」
    "Drink it in, pal. That's how failure tastes."
    「よく味わえよ!相棒!それが敗北の味ってやつだぜ!」
    "Would you just look at you? I mean, look at you."
    「見ろよ、ブザマなお前の姿。なあ見てみろって」
    "Hit the bricks pal, you're done."
    「外をぶらついてみなよ、相棒!テメェは終わりだ」
    (hit the bricksで外をぶらつくという意味。ブラブラしてるからScoutに倒されるということ)
    "You... are... terrible!"
    「お前…マジでヤバいぜ!」
    (もちろん馬鹿にしてる)
    "You're gettin' dominated, chucklehead!
    「テメェを制圧したぜ!マヌケが!」
    "Oh what, you gonna cry? You gonna cry now ?"
    「え、何?泣いちゃう?ねぇ泣いちゃうの??」
    "Domination. Look it up. "
    「制圧!ちゃんと確認しとけよ!」
    "Is that all you got, moron?"
    「え!?それが精一杯なの?」
    "Yeah, I dare ya, rage quit. C'mon, make us both happy."
    「よぉ、”逃げ落ち”しちゃってもいいんだぜ?我慢するこたねぇよ、その方がお互いハッピーさ」
    (rage quit:怒る等してゲームから抜ける事。いわゆる「萎え落ち」。)
    "I will never... stop... killing you."
    「テメェを殺して殺して・・・ぶっ殺しまくってやんぜ。」
  • リベンジKill達成
    "Bang! I make it look easy!"
    「バキューン!簡単だったぜ!」
    "I did it"
    「やってやったぜ」
    "If you order now, I'll throw in a second beatin', absolutely free."
    「今ご注文いただければ、特別にもう1回殺して差し上げます!もちろん完全無料!」
    "Wassamatter, y'freakin' stupid?"
    「ん、てめぇのようなクソバカがどうしたって?」
    "Hey, nice shootin' there!"
    「(自分に対して)お、ナイスショット!」
    "I wasted you!"
    「テメェをぶっ壊したぜ!」
    "How do ya like me now, blockhead?"
    「俺の実力わかったろ?マヌケが!」
    "Ya like that, chucklenuts?"
    「気に入ったろ、哀れなトンマちゃん」
    (chucklenuts、失笑されるようなどうかしている人物をこう評することがある。ブッシュ前大統領がよくネットメディアなんかでこう書かれていた。)
    "Boom! I'm back, dummy!"
    「ブーン、お返しだぜ、マヌケ!」
    "Remember me? Yeah, ya do!"
    「俺のこと覚えてる?コイツはお返しだぜ!」
    "Don't you ever cross me again!"
    「二度と俺に逆らうんじゃねぇぞ!」
    "What have we learned? I always win!"
    「さてこのことから学ぶべき教訓は?最後に勝つのはいつも俺!」
    "Who's the tough guy now, huh tough-guy?"
    「さて、ホントのタフガイはだれでしょうかね?(倒した敵にむかって)誰だと思います?『タフガイ』さん?」
    "Still think you're funny, funny-man?"
    「まだ笑ってられるかい、笑えるおっさんよ?」
    "Ya got anything smart ta say now ?"
    「さて、なんか気の利いたことを言えよ?」
  • テレポーターを使用した
    "Thanks for the ride!"
    「使わせてもらったぜ!ありがとな!」
    "Hey good job there, hardhat!"
    「工事のおっさん、いい仕事だぜ!」
    "Thanks for that, tough guy!"
    「テレポーター助かるぜ!タフガイ!」
  • Medicにヒールしてもらった
    "[deep exhale] Yeah, thanks, doc."
    [深く息を吐き出して]「ふー、助かるぜ、ドク!」
    "Thanks, doc."
    「ありがとよ、ドク」
    "Alright, I feel good."
    「よっしゃ!いい感じだぜ」
  • CPやインテルをキャプチャーした
    "Yeah, it's ours now!"
    「よっしゃ!俺たちがいただいたぜ!」
    "I'm not even winded."
    「俺はまだまだやれるぜ?」(wind=息切れする→直訳すると「まだ息切れしてないぜ」)
    "I got it, I got it, I got it!"
    「とったぜ、とったぜ、とったぜ!!」
    "Is-is anyone even payin' attention ta me?"
    「ハッハァ!誰か俺に気づいたヤツいんのかよ!?」
    "Yeah, yeah, yeah!"
    「よっしゃ、よっしゃ、よっしゃー!!」
    "Yeah!"
    「どうよ!?」
    "I got it, I got it!"
    「俺が取ったんだぜ!俺がな!!」
    "No problem!"
    「楽勝だってのよ!」
  • CPのキャプチャーを開始
    "Get on the freakin' point, dumbass!"
    「CPに乗れよ!アホども!」
    "Stand on the freakin' point, you moron!"
    「CPに乗れって!バカ野郎が!」
    "How's the weather over there, dumbass? Get to the freakin' point!"
    「そこで何やってんだ!アホが!CPに乗らねぇか!!」
    "What the hell is wrong with you? Stand on the freakin' point!"
    「CP取れんだろうが!見てわかんねぇのかよ!?」
    "Would you kindly move ya ass to the freakin' point?"
    「とっととCPにテメェの汚いケツを乗っけていただけませんかね?」
    "Hey, get on the cap, guys!"
    「野郎ども!キャプチャーしようぜ!」
    "Stand on the freakin' cap!"
    「CPに乗れやぁ!!」
    "Let's get on the cap, fellas!"
    「CP奪ってやろうぜ!お前ら!!」
    "Get on the cap, ya dopes!"
    「CPに乗れや!!マヌケ共!!」
  • 攻撃時:カートを押している
    "Push!"
    「押せーー!」
    "Mush, you lazy bums!"
    (カートに対して)「オメェは遅っぇよなぁ、もっと速く動けないかよ?相棒?」
    "Keep pushin' it!"
    「押し続けろ!!」
    "Yeah, yeah, yeah!"
    「いいぜ、いいぜ、いい感じだぜぇ!」
    "Keep it movin', guys!"
    「よし、この調子だぜ、お前ら!」
    "Go, go, go!"
    「行け行け行けぇ!」
  • 攻撃時:カートが後退している
    "Dat ain't da right way, guys!"
    「(カートに対して)オイオイ、そっちじゃねぇぞ!(味方に対して)お前ら!何とかしようぜ!」
    "What da hell's goin' on? "
    「どっち行っちゃってんだ?オイ!」
    "Aw, cripes, da cart!"
    「お?マジかよ!?カート下がってんじゃねぇか!!」
    "Is someone gonna push da freakin' cart?"
    「アレ?誰もカート押してないワケ?」
    "Da cart's movin' backwards!"
    「オイ!カート下がってんぞ!」
    "Aw, jeez, da cart!"
    「ああ!?なんてこった!カートが!」
    "No, no, no! The cart!"
    「ヤベェよヤベェよヤベェよ!!カートが下がってるぞ!!」
    "Anyone else pushing dis thing?
    「お客様の中にどなたかカートを押して頂ける方はいらっしゃいませんか?」
  • 防衛時:カートが押されている
    "We gotta stop dat thing!"
    「お前ら、アレ止めようぜ!!」
    "Aw, jeez guys, we gotta stop it!"
    「ああ!?なんてこった!止めなきゃマズイぜ!」
    "What the hell is everyone doin'?!"
    「たく!皆何やってんだよ!?」
    "Push da freakin' cart!"
    「クソ!カートが押されてるぜ!」
    "Keep dat cart movin'!"
    「オイオイ、カート進んでるじゃねーか!」
    "C'mon, move da cart!"
    「手を貸してくれ!カートを止めねぇと!」
  • 防衛時:カートが後退している
    "Return ta freakin' sender!"
    「ヘッヘェ、送り返してやるぜ!」
    "Awright, awright!"
    「いい感じだぜ!」
    "Now we doin' it, now we doin' it!"
    「押せるもんなら押してみやがれっての!」
    "Yeah, yeah, yeah!"
    「いいぜ、いいぜ、いい感じだぜぇ!」
    "What, ya guys give up?"
    「そろそろ、諦めたらどうよ!?」
    "Yo, it should be goin' dat way!">
    「そうそう、そっちに進めばオッケーだぜ!」
  • 攻撃時:カートに接近した
    "Stay by da cart, fellas!"
    「お前ら!カートの近くに集まるんだ!」
    "Git ova here!"
    「こっちだぜ!」
    "Stay close, guys!"
    「集まれ野郎ども!」
    "Let's all push dis thing!"
    「よっしゃ、皆で押そうぜ!」
    "We pushin' dis thing or what?"
    「今は押し込むのが重要だぜ!」
    "Li'l help pushin' da cart?"
    「押すの手伝ってくれないか?」
  • 攻撃時:カートが動いていない
    "Da freakin' cart stopped!"
    「オイオイ、カート止まってんぞ!」
    "What da hell?! Who stopped pushin' da cart?!"
    「何やってんだ!?カート止まってんぞ!」
    "Push it, push it push it!"
    「押せ、押せ、押せぇ!!」
  • 防衛時:カートを止めた
    "Ey, we gotta stop it!"
    「よっしゃ!止めたぜ!」
    "Gotta stop da cart!"
    「止めてやったぜ!」
    "Let's stop dat freakin' thing!"
    「このまま押し止めてやろうぜ!」
  • キャプチャーをブロックした
    "Oh hey! You suck."
    「どうよ!?クソ野郎!」
    "Oh yeah!"
    「よっしゃ!」
    "Yes!"
    「やったぜ!」
    "Way to go slugger!"
    「やるじゃん!強打者!」
    "Ooooh yeah, you're real scary!"
    「おお、ヤバイヤバイ!」
    "Lotta' good that gun didya!"
    「俺の鉛玉の味はどうよ!?」
  • 試合開始
    "Play ball!"
    「プレイボール!」
    "Let's get 'em!"
    「あいつらぶっ倒してやろうぜ!」
    "Let's waste 'em!"
    「あいつらぶっ壊してやろうぜ!」
    "Eat my dust!"
    「俺を追い越せるかよ!?」
    (遅れを取らせてやるというような意味)
    "Woohoo!"
    「イヤッホー!!」
  • 試合に勝利した
    "Yuhs!"
    「イヤッター!」
    "I did it!"
    「大活躍だったな!」
    "Woohoohoo!"
    「イヤッホーォォォォ!!」
    "Sweet."
    「いいねぇ、この感じ!」
    "Wicked!"
    「最高だぜ!」
    "Oh yeah!"
    「どんなもんだ!」
  • 試合に敗北、サドンデスに突入した
    "This sucks on ice!"
    「ちっくしょー!クソッタレが!」
    "Boooooooo!"
    [ブーイング]
    [Blows a Raspberry]
    [舌を鳴らす]
    "Frickin' unbelieveable."
    「マジかよ、信じられねぇぜ!」
    "This did not just happen!"
    「はぁ?マジありえねーし!」
    "No seriously, you all suck!"
    「(味方に対して)いや、マジな話、お前らホントにクソ野郎ぞろいだぜ!」
    "What the hell is youse guys' problem?"
    「(味方に対して)ホント、何やってたんだよ、お前ら!」
    "Ah, jeez!"
    「うわ!マジかよ!」
    "This sucks!"
    「ちくしょうが!」
    "What the hell was that crap?"
    「こいつは一体何の冗談だ?」
    "This is a real frickin' embarrassment."
    「マジでダルいなおい」
    "'Kay, this does not look good here, um..."
    「うまくいかねぇな、う〜ん…」
  • 引き分け
    "Auugghh!"
    [やる気が失せた様な溜息交じりの声]
    "I can not believe this!"
    「マジかよ?信じられねぇぜ!」
    "You have got to be kidding!"
    「冗談だろ!?」
    "You gotta be kiddin' me!"
    「コリャ何かのマチガイだろ!?」
  • 火が付いているとき
    "Foiyah, foiyah, foiyah!" ("Fire, fire, fire!" with a Boston accent)
    「アチチ!火だ、火だぁ!」(ちょっとボストン訛りで)
    "Oh I'm burnin', I'm-I'm burnin'!"
    「も、燃えてる!俺燃えてるぜ!」
  • Engineerの建造物を破壊
    "I broke your stupid crap, moron!"
    「テメェのガラクタぶっ壊してやったぜ!バーカ!」
  • 実績を解除した
    "'Ey look at me, look at me!"
    「どうよ!?見てくれたかい?」
    "Hey, look at me, Ma!"
    「母さん、今の見てくれたかい!」
    "Aw, fellas!"
    「やれやれだぜ!」
    (fellaは男性を表す言葉。Aw, manでちょっと下品な言い方で不満を表す表現になる)
    "Hi, Ma!"
    「やったぜ!母さん!」
    "Look at me!"
    「俺の活躍よく見とけよな!」
    "No otha' class gonna do dat!"
    「他のクラスじゃあこんな真似できねぇよ!」
    "You see dat?"
    「見たかよ!今の?」
    "You seein' dis?"
    「こんなの見たことあるかい?」
    "I'll put it in my trophy room, with the othas."
    「ウチのトロフィールームに他のと一緒に飾っとくか!」
    "I don't know who to thank first... oh, I know, me!"
    「うーん、最初に誰にお礼言うべきか…あ、俺か!」
    "Bang! I make it look easy!"
    「バキューン!ちょろいもんさ!」
  • Scoutを制圧した
    "I am the Scout here!"
    「本当のScoutは俺だけさ!」
    "Dis map ain't big enough for da two of us!"
    「このMAPは2人のScoutが存在できるほど広くはないのサ!」
    "Hid da road, bozo, let a real Scout get ta work!"
    「どけどけ!本当のScoutってモンを見してやんぜ!」
  • Soldierを制圧した
    "Yo, I'm not even wearing a helmet!"
    「ヘッヘェ!そんな大層なヘルメットつけなくても十分だぜ!」
    "What is your major malfunction, brudda?"
    「思考回路がショートしたか!ボケが!」
    (トリビアネタだがこのセリフは映画フルメタル・ジャケットにおいてカルト的な人気を誇るハートマン先任軍曹の劇中のセリフである。原文ではこの後にDidn't Mommy and Daddy show you enough attention when you were a child?[パパとママの愛情が足りなかったのか 貴様?]と続く)
    "Drop dead and give me 20!"
    「『死に立て伏せ』を20回やろう!」
    (ビリー教官のブートキャンプネタである。Drop and give me 20で腕立て伏せを20回やりなさいという意味。ブートキャンプとは軍隊での新人訓練のことを指すので2重のジョークになっている)
    "You're a disgrace to ya uniform, pal!"
    「その軍服に泥を塗っちまってるぜ、相棒!」
    (1990年代にアメリカで大人気だったコメディードラマ『となりのサインフェルド』(Seinfeld)の劇中のセリフが元ネタかも。ScoutもSoldierもアメリカ人なのでネタは通じるハズ。)
    [Imitating Soldier]"Dis-missed!"
    「Soldierのモノマネで」「首になっちまった!」
    (解雇されたという意味)
    "Dere ain't enough crits in da world ta kill me!"
    「クリティカルが出なきゃ俺を殺すのは無理ってかい!?」
  • Pyroを制圧した
    "Ey, who's on fire now ?"
    「で、今燃え尽きちゃってるのはダレよ?」
    "Ey, if ya didn't want me ta kill ya, ya shoulda said somethin'!"
    「オイオイ、降参するってんなら、何か喋ってくれなくちゃ!」
    "Repeat after me: 'muhmuhmuhmuh I'm dead!'"
    「はい言ってごらん。『ホロホロホロ〜僕死んじゃいましたぁ!』」
    "Take dat, ya dumb, bib-wearin' dope!"
    「取ったぜ!お喋りもロクにできないアホが!」
    (bib-wearin' dope→ヨダレかけをつけたマヌケ→赤ちゃん=言葉をきちんと話せない)
    "Eat it, ya mute frickin' moron!"
    「頂いたぜ!静かになっちゃったな、バーカ!」
    "Yeah, nice moves, mumbles!"
    「うーん我ながらいい動きだったな!モグモグ野郎!」
  • Demomanを制圧した
    "Yeah, next time, try two eyes!"
    「次は目ン玉2つ用意してからかかってきな!」
    "Blow that up, cyclops!"
    「吹き飛ばしてやったぜwサイクロプス!」
    (cyclops=一つ目野郎)
    "The best man won, ya bomb-throwing drunk!"
    「デキる奴が勝ったってわけさ、酔いどれ爆弾魔さん!」
    "Your clock just got cleaned, rummy!"
    「『完膚無きまで』ってやつだな!酔っぱらい!」
  • Heavyを制圧した
    "I am owning you, you fat, bald bastard!"
    「頂いたぜ!ハゲ!デブ!」
    "Today ain't ya day, pancakes!"
    「今日はてめぇの日じゃねえんだ、パンケーキ野郎が!」(パンケーキ…ヘビーが太っていることへの皮肉。さすがにかわいそうだな)
    "$400,000 to fire that gun, huh? Yeah, money well spent!"
    「その銃撃つのに40万ドルもかかるんだって!?ハッ!!無駄遣いすぎんだろ!!」
    "Dem $200 bullets ain't so hot when they don't hit nothin', are dey?"
    「1発200ドルの弾を撃ちまくって、何も当たらないなんてなぁ?空しいよな?」
    "I think I'll take Sasha out for a steak dinner tonight. Whad'ya think of that?"
    「サーシャを今夜ステーキディナーに招待しようと思ってんだけど、どうよ?」
    "Ain't so hard now, are ya, fat-cakes?"
    「すっかり静かになっちまったなぁ?デブ野郎?」
    "I... eat... your... sandwiches. I eat 'em up!" [a reference to the "milkshake" quote from the film "There Will Be Blood"]
    「お前の…サンドウィッチを…食ってやる。食ってやるぞ!」
    (2008年公開の映画『There Will Be Blood』のセリフより)
    "Nice hustle, 'tons of fun!' Next time, eat a salad!"
    「いやぁマジで面白かったぜ!次はサラダでも食って来いよ!」
    "Hey lard-fat, those hard arteries don't stop bullets, do thay? "
    「おいデブ!一応教えてやるけどいくら太って動脈硬化を起こしたところで防弾効果は得られないんだぜ?」
    "I am owning you, you fat, bald, fatty fat... fat fat!"
    「俺の勝ちだぜ!デブ!ハゲ!豚面トラック!痴豚!!」
  • Engineerを制圧した
    "Ey, here's something you can invent next time: ducking!"
    「さて、今回の教訓を活かして次にお前が望むべきことは何か!?せいぜい俺に追いつかれないように逃げまわりな!」
    "Here's something you shoulda built: a not-dyin'-machine!"
    「ここに死なないで済むような機械でも作っとくべきだったんじゃねーの?」
    "Don't bring a wrench to a gunfight!"
    「銃撃戦にレンチを持ってこられてもなぁ!」
    "Here's a schematic for ya: My ass!"
    「ここにお前さん向けの設計図があるぜ。『くそ食らえ!』ってのがなぁ!」
    "Hey overalls! You suck!"
    「そこのオーバーオール(作業服)!テメェはクソだ!」
    "Lotta good dat hardhat didja!"
    「どうよ!?ヘルメット!今のすごかったろ!」
  • Medicを制圧した
    "Diagnosis: You suck!"
    「診断結果が出ました:無 能 病」
    "Ooh hoo hoo, ya gun shoots medicine! That's intimidatin'!"
    「おーおーおー!それ(シリンジガン)注射「撃って」たのか!そいつぁ怖ぇぇ!!」(ジリンジガンの威力が弱いことへの皮肉)
    "Where's your precious Hippo-crates now ?"
    「でお前さんの生命倫理ってのはどこに置いてきちまったんだ?」
    (ヒポクラテスは古代ギリシアの医学者で医学の父と呼ばれている。医者の倫理観をまとめた条文をヒポクラテスの誓い[Oath of Hippocrates]という)
    "Real nice effort, Deutsch-bag!" ("Deutsch" is German for "German")
    「よくがんばったよ!ドイツ野郎!」
    "I... hate... doctors!"
    「俺は…医者が…大っキライなんだよ!!」
    "[sigh] Docta, docta, docta..."
    [ため息をついて]「ドクター、ドクター、ドクター…」
  • Sniperを制圧した
    "Snipe dat, ya frickin' coward!"
    「狙撃兵か…結局はただのチキンだよなぁ!」
    "That fancy scope of yours, bet ya got a REAL good view of me killin' ya!"
    「へぇ、しゃれたスコープが付いてんだなあんたの銃。これなら俺があんたを殺すシーンもバッチリ見えるだろうぜ!」
    "You camped da whole time for dis?!"
    「あんたは俺に殺されるためにここでキャンプしてたってワケだ!?」
    "It was a mercy killin', ya live in a... camper van!"
    「安らかに眠れよ…あんたが暮らしていたこのキャンピングカーの中でな!」
    "You'll never hit me! You'll never hit my tiny head! It's so tiny! I got a... such a frickin' li'l tiny head!
    「テメェが俺を狙撃できるわきゃねーだろ!俺の小っこい頭をヘッドショットするなんてな!この俺の小っこい頭を!!」
  • Spyを制圧した
    "Disguise dat!"
    「さあ、お得意の変装でごまかしてみろよ?」
    "Dominated, ya shapeshiftin' rat!"
    「制圧したぜ!いくらアンタが変幻自在でも俺にとっちゃただのネズミさ!」
    "Hard ta stab a guy in da back when he's beatin' ya freakin' head in, huh?"
    「俺の背中に追いつくのは大変だろ?アンタの頭をぶん殴るのは簡単だけどな、だろ?」
    "Hey, look, you shape shifted into a dead guy!"
    「おい見てみろよ!今度は死体に変装ってわけだ!恐れ入るねぇ!」
  • 近接ダメージを与えた
    "Let's go."
    「どんどん行くぜ」
    "Bring it."
    「豪速球行くぜ」
    "Let's do dis."
    「やっちまうかぁ」
    "You 'n me."
    「あんたは俺がいただくぜ」
    "Put 'em up, pal."
    「もいっちょ行くぜ、相棒!」
  • ダブルジャンプした
    "Hehey, I'm flyin'!"
    「ヘッヘェ!飛んでるぜ!」
    "Woo hoo hoo!"
    「イーヤッホォオォ!!」
    "Look at you chuckleheads down there!"
    「下でバカどもがうろチョロしてやがんな!」
    "Hey, I can see my base from here!"
    「おっとここから基地(リスポン)が見えるぜ!」
    "Look at me, Ma!"
    「母さん、見てくれてるかい!」
  • トリプルジャンプした
    "Woohoohoohoo!"
    「うおおおおお!」
    "Yeaheaheah!"
    "Woooooo!"
    「ホー!!!」
    "Yeaahehehhh!"
    (全部歓声です)
  • バットKillした
    "I'm battin' a thousand!"
    「年間1000本は打っちゃうぜ!」
    "Yo, I oughta' be on a baseball card!"
    「そのうち俺のベースボールカードができちゃうかもな!」
    "Yo, batter up!"
    「ホラ、飛んでっちまいな!」
    "Say goodbye to ya kneecaps, chucklehead!"
    「もう走れなくなっちまうぞ!バーカ!」(kneecapとは膝にダメージを与えて動けなくすること)
    "Ya head's a freakin' bat magnet!"
    「テメェの頭は俺のバットを吸い寄せる力でも持ってんじゃねぇの?」
    "Bonk!"
    ボコン!
    "Boink!"
    バッコーン!
    "'Ey, is somebody keepin' track of my heads batted in?"
    「だれか俺が頭ぶん殴った数を数えているヤツいねぇかなぁ?」
    "How's that feel, wimp?"
    「どんな感じだ、意気地なし?」
  • クリティカルBatでKillした
    "Look at this, just caved in your skull- my bat's still dry. No clumps a' hair, nothin'."
    「(アルミバットを見せて)ご覧下さい。貴方の頭にめり込みましたが…血一滴も付いてません。髪とか汚れも全くない。綺麗なもんです。」
    (「ShamWOW!」と言う万能ふきんのCMのパロディ)
    "You're like a car crash in slow motion. It's like I'm watchin' ya fly through a windshield."
    「自動車事故の再現シーンってあるじゃん?今あんな感じだったぜ。フロントガラスに激突するところを見てるみたいだった。」
    "Dude, you get a closed casket at the ugly cemetery!"
    「薄汚い墓地に埋められる棺桶に飛び込んじまったって事だな、あんた!」
    "Pop quiz: How long does it take to beat a moron to death? BAM. Sorry, time's up, you're dead!"
    「ここで楽しいTF2クイズのお時間です。問題:バカが死ぬのにかかる時間は一体どれくらいなんでしょうか?ブー!残念、時間切れ!ハイ死亡!」
  • Bonk!発動中
    "Un-freakin' touchable!"
    「誰も俺に触れられないぜ!」
    "Ya can't hit what ain't dere!"
    「当てられるもんなら、当ててみろっての!」
    [Slow-mo sound effect from The Million Dollar Man]
    [100万ドルの男よりスロモーションのサウンドエフェクト]『ワナナナナナナ…』
    (※訳注、恐らくですが英Wikiが誤字で実際にはThe Six Million Dollar Man『600万ドルの男』だと思います。元NASAの宇宙飛行士だった主人公が大事故に会いサイボーグとして蘇って活躍するというドラマで、アクションシーンに使われていたスローモーサウンドがこれだった思うんだよねぇ…)
    "I'm a freakin' blur, here!"
    「そいつは俺の残像だ!」
    [Demandingly] "Look at me!"
    [要求する感じで]「俺を見やがれってんだ!」
  • Bonk!により攻撃を回避
    "Ha."
    「ハ!」
    "Missed me!"
    「どこ狙ってんの?」
    "Dat didn't hurt."
    「きかねーよ」
    "Psyche!"
    「残像だ!」
    "Nice try, pal!"
    「惜しい!」
    "Oh what's up?"
    「よぉ、どうよ?」
    "Didn't hurt."
    「当たりはしないぜ!」
    "Woo!"
    「ウー!」
    "Heheh."
    「へっへ〜ん」
    "Eyy!"
    「ほーら」
    "Yeah!"
    [歓声]
    [Noises that resemble Mario's jumps or movement]
    [マリオの声真似](6種あり)
    "Nope!"
    「おっと!」
    "Sor-ry!"
    「残念!」
    "Nope."
    「ブー」
    "De-nied!"
    「ハズレ!」
    "Woosh!"
    「ビューン」
    "Ping!"
    「ピュン」
    (Sarcastically) "What?!"
    「ん?」
    "Ahah!"
    [軽い笑い]
    "Poing!"
    「ピューン」
    "Eheheh."
    [小馬鹿にした軽い笑い声]
    (Whooshing sound)
    [風切る音]
    "Aheheh."
    [小馬鹿にした軽い笑い声2]
    "Weak!"
    「ヘナチョコ!」
    "Dummy!"
    「ヘタクソ!」
    "Moron!"
    「バ〜カ!」
    "Dumbass!"
    「ドンクサ!」
    "Nice aim!"
    「惜しいね〜」
    "Punk!"
    「貧弱ゥ!」
    "Wuss!"
    「腰抜け!」
  • 敵をスタンさせた
    "Oh I'm sorry, I didn't mean to hitchya... Oh, wait, yeah I did."
    「ああ!ゴメンよ、わざとじゃないんだ…ん、待てよ、わざとだった!」
    "Oh, dat's a skull fracture for sure!"
    「おおっと!これは完全に頭蓋骨逝きましたね!!」
    "Ohh, I got alla dat one."
    「おっとぉ!?ちょっと出来すぎな感じもするな」
    "Dere's a dingah for ya!"
    「バカなあんたの為に一発用意しといたのさ!」
    "Downtown!"
    「ホームラン!」
    (going downtownとかでホームランを撃つという意味になります。地元民にしか通じない)
    "Home-frickin'-run!"
    「ドでかいホームランだぜ!」
    "Gotta nice piece a dat!"
    「今のはいい当たりだったなぁ!」
    "Nice catch, knucklehead!"
    「ナイスキャッチ!バカが!」
    "Good 'ands, buddy!"
    「いい守備するなぁ、お前!」
    "Good catch, dummy!"
    「ナイスキャッチだ、マヌケ!」
    "Wayta duck!"
    「そのままピヨってな!」
    "Nice hustle!"
    「いい感じだぜ!」
    "Yo, heads up!"
    「ホラ!頭危ないぞ!」
    "Ding-dong!"
    「ガランガラーン!(鐘の音)」
    (Left4Deadのパニックイベントの1つ教会に立て篭もる男のセリフ。この男はScoutと同じNathan Vetterleinが演じている)
    "Think fast, chucklenuts!"
    「避けるならもっと速く動かないとな、バカが!」
    "Real smooth, dummy!"
    「マジでいい感じだぜ、マヌケ!」
  • Sandmanで攻撃
    "Batter up!"
    「ぶっ飛べや!」
    "Catch dis."
    「コイツをくらいな」
    "Batta swing!"
    「打つぜぇ!」
    "Major League!"
    「メジャーリーグ級だぜ!」
  • ボールを拾った
    "Got da ball back!"
    「ボールまたゲット!」
    "Play ball!"
    「プレイボール!」(Scoutは野球ファンなので)
    "Found mah ball!"
    「俺のボール見っけ!」
    "Oh dere's my ball!"
    「こんなとこに俺のボールが!」
    "I love my ball!"
    「愛しのボールちゃん!」
  • BatでHeavyを殺した
    "Eat it, fatty!"
    「コイツをくらえ!デブ!」
  • 敵の機密情報を拾った
    "Wave goodbye to your secret crap, dumbass!"
    「あんたらの機密情報貰ってくぜ、マヌケども!」