Top > スプレー
HTML convert time to 0.002 sec.


スプレー の変更点


 スプレーとはゲーム中、壁や床などに落書きをする機能です。
 ここではスプレーの作成方法について解説します。
 %%[[TF2汎用スプレー指南所:http://www22.atpages.jp/svyokla/tfcspray.html]] こちらのサイトでも作り方の解説があります。%%(凍結されてしまい、閲覧できません)
 
 #contents
 
 *画像の変換方法  [#r865fc9b]
 
 下ごしらえとして変換したい画像jpgやpng等を256×256のサイズにリサイズしておく。
 
 http://nemesis.thewavelength.net/index.php?c=178#p178 
 からInstaller付きを落とす。
 
 1.メニューのFile->Import
 2.変換したい画像選ぶ。画像はvtfという形式になる。
 3,出来たファイルをFile->saveで適当なフォルダに保存
 4,Steamを通常インストールした場合には、
 &color(Red){*steampipeに移行したため、フォルダの位置が変わりました。また、以前のように''logosフォルダの中に予めvtfファイルを置くとインポートに失敗します''、別の場所に置いて下さい};
  C:/Program Files/Steam/steamapps/&color(Blue){common};/team fortress 2/tf/materials/VGUI/logosというフォルダを作成する(logosフォルダの中にUIというフォルダも作っておく)
  C:/Program Files/Steam/steamapps/&color(Blue){common};/team fortress 2/tf/materials/VGUI/logosというフォルダを作成する。
  (logosフォルダの中にUIというフォルダも作っておく。UIフォルダを作ることでゲーム内設定のスプレー画像の位置にサムネイルが表示される。)
  ※L4Dのようにどこか自由な場所に置かれている規定通りの画像を選択してインポートするだけで完了するわけではなくフォルダ作成が必須。L4D組からの場合は混乱するので注意。
 5.TF2立ち上げてオプションのスプレーでインポートを選び、先ほど作成したvtfファイルを選択。
  プレビューが表示され、UIフォルダの中に、作ったファイルと同じ名前のvtfファイルとvmtファイルができていたら成功
 6.ゲーム中、壁や床に向かって[t]キーで画像を貼り付けます。
 
 TF2のオプションにある「インポート」とは、jpg、png、bmpなどのをファイルをvtf形式にし、UIフォルダにvmtファイルを形成すること。
 このjpgなどの画像ファイルをvtfにする時点でエラーが起こるので上記のVTFEditを使う。
 
 **作ったスプレー画像がボケる場合の対処 [#h8178dd9]
 
  129 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2008/01/01(火) 21:38:56 ID:j6kbRijf
  >>127
  VTFEditのFlag設定で、
  
  Clamp S
  Clamp T
  No Mipmap
  No Level Of Detail
  Nice Filter
  
  にチェック入れるとボケないよ。
 それでもボケるという人は他人のスプレーもボケてませんか?
 ビデオ設定の''テクスチャ''を''&color(Red){高};''(mat_picmip "0")にすれば幸せになれるかも。
 
 
 **スプレーのキャッシュについて [#mb1b4a41]
 ゲーム中に見たスプレーはダウンロードされてローカルのキャッシュフォルダに保管される。
 
  339 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2008/01/15(火) 00:12:36 ID:6mkuo62h
  スプレーのキャッシュって
  C:\Program Files\Steam\steamapps\<account>\team fortress 2\tf\materials\temp
  にあるのはわかったんだけど、VTFファイルを効率よく閲覧する方法はあるのかな?
 
 
 キャッシュを見たい場合
 
 
  351 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2008/01/15(火) 00:53:24 ID:6NATx7w4
  >>339
  irfanview + pluginを入れて、設定から拡張子を追加すると一覧で見れるよ。
 
 
 irfanviewはhttp://www.irfanview.com/からダウンロードできる。
 また、左メニューのPluginsよりirfanview_plugins_<version>_setup.exeで最新のPlugin一式がインストールでき、VTFファイルも参照できるようになる。
 
 これもhttp://www.wunderboy.org/sourceapps.php#vtf_shell
 **透過スプレーの作り方 [#p1cf99aa]
 Photoshopで256*256に収まるように変換してbmpで保存(背景はブルーにしておく) 
 GIMPで読み込んで透過処理、tgaに変換 
 
 追記 
 Photoshopじゃなくてもいいし、形式はなんでもかまわないですよ。 
 俺はあくまでphotoshopを使ってるからなだけで、bmpは「なんとなく非圧縮じゃね?」と思ったからです。 
 ていうかGIMPだけでいけるんですけどね
 
 -VTFEditを使う場合
 Photoshop ElementやPaint.NETなど透明背景を扱えるソフトなら、透過する場所を透明背景にし、PNGで保存。
 その後、該当ファイルをVTFEditでImportし、通常のスプレーと同じ様にSaveすればOK。
 ***動画スプレーの作り方 [#p1cf99aa]
 下記参照。若干違うけど基本的にはこれと同じような作り方
 http://wind.s280.xrea.com/wikiplus/css/index.php?%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC
 
 
 **作り方その2 [#t0fb44e0]
 >動画スプレーってどうやって作るのか教えてくれ 
 ・VTFエディタ入手 http://nemesis.thewavelength.net/index.php?c=178#p178 
 ・画像用意 
  ・HL2が理解できる解像度 32 64 128 256 512(動かすとすると 128 10枚くらいが限界) 
 ・VTFエディタで用意した画像全部IMPORT ※ぜんぶ一度にまとめて「開く」
  画像形式・透過形式共にDXT3かDXT5 (3Dで標準的な圧縮形式)(R8G8B8とかはデータサイズ5倍くらいになる) 
  テクスチャータイプはアニメーション 他はいじらない 
 ・そのまま保存 VFTファイル生成 
 ・vmtを他のどっかそのへんのロゴファイルからコピーして作る  
   ・vmtのファイル名はなんでもいい 
   ・vmtの中味の "$basetexture" "vgui\logos\********"の部分は自分が作ったVTFファイルに合わせる 拡張子(.VTF)は省く 
 ・作ったVTFとvmtを VGUI\logosフォルダに入れる 
 ・終わり 多分スプレーで選べるようになってるはず 
 
 ・色おかしい  多分VTF内のカラーフォーマットがおかしい 
 ・止まったまま 多分VFTファイルおかしい 
 ・透過しない  多分画像の時点でアルファチャンネルの保存に失敗してるだけ 
         それか透過のカラーフォーマットが透過に向いてない物を選んでる(DXTは透過アリ) 
 ・スプレー一覧に出ない 多分vmtファイルのbasetexture記述が1文字間違ってるとかそんなん
 
 (これも参考になるかも)
 http://poya.hp.infoseek.co.jp/tfcspray.html
 
 *スプレーを利用したプレイの一例 [#l932a666]
 よいこはまねしないでね!
 &flash(http://www.youtube.com/v/zOR3snVKW0E,425x355);