Top > Pyro
HTML convert time to 0.004 sec.


Pyro の変更点


 &attachref(pyro_top_image.jpg,nolink);
 
 『根っからの放火魔。彼の声はゲームの中ではほとんど聞き取れないほどこもっているが、
 わずかに聞き取れた音声を調査した結果、イタリア訛りであることが判明している。』
 
 #contents
 
 *解説 [#i6be5996]
 ''『ホッホッロ、ホッホ、ホロホロホロー』''
  -Pyroが何かを語っている-
 
 狭い通路でばったり遭遇したら最もたちの悪いクラス。火炎放射器は短距離で絶大なダメージを引き起こし、近接では最も威力を表すクラスだ。
 Pyroは前線近くで防衛の役割を担っていたり、狭い空間に潜入した敵を待ち伏せする姿がしばしば見受けられる。
 攻撃側に転じた際は、敵の防衛を悩ますことに長けている。自分が燃えたまま防衛線を築くことは難しいためだ。
 クラスアイコン:&attachref(40px-Leaderboard_class_pyro.png,nolink);
 タイプ:攻撃
 プライマリ:火炎放射器系
 セカンダリ:ショットガン、フレアガン系
 近接:斧系、その他
 HP: 175
 (Medicのヒールにより260まで増加)
 移動速度:100%
 // or 110% (アイテムセット:Gas Jockey's Gear効果)
 
 -プロフィール
 出身地:不明 
 任務:花火製造
 何か一言:「ホッホッロ、ホッホ、ホロホロホロー」
 エムブレム:&attachref(40px-TF2PyroEmblem.png,nolink);
 謎だらけのPyroについて知られていることは2つだけ。彼は何にでも点火することが大好きで、決して喋らない。
 実際、彼の放火癖は疑いようの無いものです。ある人々は彼はきちんと喋っているのだが、耐火服に付いているマスクによって妨げられ、息苦しそうな呼吸音になってしまっているのだと信じています。
 いずれにしろ、彼が謎めいた放火好きのフランケンシュタインであり、恐るべき男であることは間違いありません。まぁ、彼が男だという確証も無いのですが…
 
 '''''・[[Meet the Pyro]]'''''
 *クラス選択時の注意事項 [#r99208c1]
 火炎放射が派手なのでアタッカーと勘違いしがちですが、実はサポーター色が濃いのがパイロです。
 主なサポート業務は、防衛時はメディック・エンジニアの用心棒、敵ユーバーを吹き飛ばす、その他色んなものを吹き飛ばすことなど、攻撃時は全職業の火力アップ、スパイからのヘビー・メディック護衛などになります。
 セントリーガンの無い状態で優秀な切り込み隊長、無敵ユーバーでの前線特攻などアタッカーとして振る舞えないこともないのですが、本業のサポート業務を怠っていると、なかなかその機会は来ません。
 パイロを選ぶ場合、チームの配分を見て、サポートすべき味方の数を確認してから選択する事が重要です。
 例えば、防衛でエンジニアが二人、両方ともLV3セントリー所持なら、メディックの一人の防衛も換算して三人まで、とか、攻撃で味方メディックが二人、ユーバーを確実に貯めてもらう、ユーバー特攻を考えて二人、など、誰を守り・どう攻めるかを考えて選択しましょう。
 兎に角突っ込みたい?そんな貴方にはソルジャーをオススメします。
 スパイ攻勢が激しい場合にスパイチェックのために3人、4人とパイロを増やしてしまう事があるようですが、基本的に守る味方(主にメディック)の人数以上にやたらパイロを増やすのはオススメしません。
 '''この件については[[「やってはいけないスパイ対策」>スパイ対策#f2780f3f]]に詳述されています。'''
 
 //&color(Red){攻撃側でも防衛側でも、味方の近くや後方でのスパイチェック''しか''しないパイロは};
 //&color(Red){完全にチームのお荷物です。};貴重なアタッカー枠を一つ消費していることを忘れずに。
 //例え敵スパイの攻勢が激しくとも、スパイチェックしかしない人が出てしまっては、思う壺ですよ。
 
 //この意見には同意できません
 //書いた人はメディックやエンジニアをやったことが無いのでしょうか?
 //ろくすっぽスパイチェックもせずに前に行ってはすぐに死んでたり、フレアガンを撃ってるだけのようなパイロより
 //仲間のそばで火を噴き続けて警戒してくれるパイロの方がありがたいです
 //敵スパイが猛威をふるっているのならチェックに徹していた方がいいはずでしょう?
 
 //といった風に変えてみましたけどどうですかね。
 *Pyroのセリフ一覧 [#i6be5996]
 [[コチラへどうぞ>パイロのセリフ]]
 [[ボイスコマンド>Pyroのボイスコマンド]]
 
 *装備品 [#i172109e]
 [[Pyro装備品]]
 
 
 *固有能力 [#h85738c3]
 
 -Hadouken(波動拳)
 ショットガンかフレアガンを構えているときに挑発すると、自身にみなぎる燃える闘魂を手のひらから放てる。
 アップデートにより攻撃判定が生まれ、ダメージを与えることが可能になった。ダメージは380前後。
 他のクラスの挑発ダメージとは違い、発生したエネルギーボール自体に攻撃判定がある為、ほんの短い間だが判定が持続する。その為その間に敵が飛び込んで来た場合は仕留める事が可能。
 また、%%他のクラスでは出来ない%%敵建造物の破壊も可能。
 %%何故かBonk!使用中のスカウトまでも倒す事が出来たりする。%%
 
 -防火服
 火炎を直接扱うクラスなので、自身の火の用心は万全。
 火炎放射の直撃によるダメージは普通に受けるが、その後の鎮火が非常に早いので継続ダメージが無い。
 ちなみにSpyの変装は見掛け倒しなのでこの機能は無く、普通に延焼する。
 なので燃えたまま走り回っているPyroがいたらSpy確定。
 
 
 
 *ポイント [#ud6ed5bf]
 -スパイチェックのために常に%%%味方を%%%焼くことを意識しろ
 火炎放射器は攻撃範囲が広いため、スパイの判定に役立つ。味方は燃えないが変装したスパイの場合たとえ透明化していても炎上エフェクトが見える。挨拶代わりに着火しておいて損は無い。
 --ただしスパイチェックは''皆がやることが基本''なのを忘れてはいけない。パイロだけでは限界がある。
 しかもスパイはパイロを避けたがる(つまりいない場所が狙われやすい)。パイロ任せにしないようにしよう。
 -後方に下がるときはショットガンに持ち替えろ
 --遠距離の敵に対応する為%%とスパイに間違えられないため%%
 ---メジャーアップデートによりスパイは武器持ち替えが出来るようになり、ショットガンで本物の証明をするのは意味を為さなくなった。また透明化の頻度が大幅に増えたので、歩きながら炎をボッ、ボッ、と噴いて炙り出しをあてにする方がよい。
 -右クリック(MOUSE2)で出せる圧縮空気を使いこなそう。
 例えば、
  1.ソルジャーのロケラン、デモマンのグレネードを跳ね返す。
  2.粘着を吹き飛ばす。
  3.CPに乗った敵を吹き飛ばして落とす。
  4.ユーバーを吹き飛ばして妨害・解除する。
 連射が出来ないためタイミングは難しいが是非マスターしてもらいたい。
 しかし、跳ね返すのは1対1なら楽だが多数のロケランが飛んできたり他から妨害されたりするとかなり難しい。そしてほとんどの場合はそういう場面だ。
 もしロケランやグレネードの集中砲火を受けた場合は、無理に全部跳ね返そうとせずクリティカル弾を狙ってスマッシュヒットさせる、くらいの心の余裕を持ちたい。
 -敵と正面から相対した時のパイロは弱い。その分[[立ち回りを考えろ>#jc23486f]]
 -足が速いのでなるべくテレポーターは重量級に譲る。Lv3で空いてたら乗ってもいいかな、くらいに考えよう
 -室内や通路でこそ、壁の裏に隠れたままではいけない
 遭遇戦には強いので律儀に敵を待ち構える必要はない。足の速さを生かし動き続けるべし。ある程度音で敵の位置を予測し、火を出しながら曲がり角を曲がる良い。そのため地形は有効に使うこと。2階や岩の上から落ちて裏をとると少し有利になる。
 -奇襲をしよう。
 基本的に開けた広い場所では攻撃範囲が狭いのが災いして、中距離でやっとショットガンを撃つぐらいしかできないので不利になる。
 敵の後方から近づいたり、ダクトなどを通って相手の予想していないところから一気に燃やすのがもっとも効果的。
 また、Medicに援護されている相手は燃やすだけ無駄。狙う獲物はmedic・spy・scout・engineer・単独行動中のHeavy等。味方と交戦中の敵を横合いから炙ってやろう。
 -火炎放射器の特性を理解しよう。
 ''前進しながらの放射は炎が押し縮められて射程が半分まで短くなる''ので、中途半端な間合いでの深追いは禁物。また、火炎放射器の構造上、''発射口が相手や柱などの障害物に密着すると炎は一旦途切れてしまう''ため、無闇に近づきすぎるのもよくない。もしパイロと火炎対決になった場合は、心持ち下がりながらやると多少は優位に立てる。
 また、方向を変えると炎は少し遅れて追従する(説明しづらいがやってみれば分かるはず)。相手の周りを回りながら攻撃する場合、炎が当たるように照準をずらすように当てないと当たり続けない。火を付けるだけなら適当に振り回せばいいが、炎を当て続けると大ダメージを与えられるので出来る様になっておきたい。炎が当たっている時はチリチリと音がする。相手が燃えていてもチリチリと音がし続けてなければ当たり続けていない証拠だ。
 当然と言えば当然ですが、水中でFlamethrower (火炎放射器)は使えませんので、水中に飛び込む時には他の武器に持ち替えましょう。
 --&color(Red){火炎放射器は前衛職の中では射程が短いわりに瞬間火力がかなり低い};と初見では想像しにくい欠点がある。(パイロのデモムービーを見た後なら尚更)
 一秒間に150前後のダメージを出せる火炎放射器だが、例えばヘビーのミニガンの場合は倍以上の360前後のダメージを誇る。しかも両者ともに当て続けた場合の理論値のため実際にはもっと低い。
 そして前衛職であるスカウトやソルジャー、デモマンはどいつも火炎放射器の射程内では100近くのダメージをたたき出す。実際には中距離でもダメージを与える事が得意なためパイロ以上のダメージを簡単にだす。
 その具体的な対策は後述するが基本的に火炎放射器を構えたまま突撃する(俗にうm1+w(マウス左おしっぱでwキー、つまり前進む))のみの特攻は基本的にuberをもらった時以外はやってはいけない。
 その具体的な対策は後述するが基本的に火炎放射器を構えたまま突撃するのみの特攻は基本的にuberをもらった時以外はやってはいけない。
 基本的に燃やす(逃げた時にしとめられる可能性を残すためと一部の攻撃増加ボーナスを得るため)→サブか近接で追い討ちの方が瞬間火力が高くなる。
 *基本的な戦術と立ち回り方 [#jc23486f]
  防衛の補助として、攻めて来る敵に対しての奇襲が主になります。まず最初にパイロで「殺す」という概念を捨ててください。''そして、このゲームの勝利条件はより多く殺したかではなく、攻めきったか守りきったかだという事を忘れないでください。''パイロがなすべきことは「嫌がらせ」です。
  敵の死角から接近し、火炎放射器を左右に振って広範囲にわたってぶちまけましょう。そして敵が燃えたか確認する前に即座に避難してください。近距離に位置しているため敵にとって、真っ先に殺す対象となるので長時間の居座りは危険となるからです。気づいたときには既に逃げているという状況が理想的です。逃げている間もショットガンを駆使しながら相手を削り続けましょう。そして自分は相手を削るのとスパイの発見のために定期的に周辺に火をまきながら一度回復に戻ります。そして、また攻めるのです。燃やしている間、逃げる間はなるべくジャンプを織り交ぜるのが理想的です。ソルジャーのロケットによる即死を免れる可能性が高くなります。
  殺さなくても敵は燃えることで一度後ろに下がってタイムロスしながら回復するか、大幅にHPが減った状態で攻め込むかの二択を求められることになります。最初はちょっと着火させたがその後即死してしまうという状況に陥りがちですが、相手の意表をつく立ち回りと、冷静にロケットをよけて逃げる技術が身についていくことで、着火させては逃げ、着火させては逃げといった行動が可能になります。そして、それがじわりじわりとスコアへとつながっていくでしょう。
  またその際、特に初心者は「敵を着火すること」に掛かりっきりになって相手に特攻まがいの攻撃を仕掛ける方が少なからずいますが、それはすぐに止めましょう。全然意味がありません。まともにダメージを与えられない上に、嫌がらせにさえなっていません(装備のページでどれくらいダメージを与えられているか、大体の値を出してみてください。特攻にあまりに意味が無いことが分かると思います)。''パイロが特攻していい状況は、唯一ユーバーによる支援がある時だけだと考えて下さい。''あくまでもパイロの仕事は「嫌がらせ」です。相手が攻撃をためらうような状況に持ち込むのが
 仕事です。メリハリのある攻撃を心がけましょう。
 *圧縮空気(エアブラスト) [#q411c47d]
 マウス右クリックでボンベのガス消費して(武器によって消費量が異なる。)直接噴き出す事により、銃弾以外の飛んで来る物を全て狙った方向に弾き飛ばす事が出来る。
 #br
 相手の攻撃で跳ね返せるものとして、ソルジャーのロケット、デモマンのグレネード、SGの4連装ミサイル、パイロのフレアガン、スナイパーの矢、スカウトのボールがある。注意しなければいけないのは、跳ね返した時点で「自分が撃った弾」扱いになることだ。爆風があるものは当然それで自分が死ぬ事も有り得る。
 
 近くにHPが減っている味方が居てグレネードが足下に転がり、回避が間に合いそうに無いように見えたら吹き飛ばしてあげよう。このゲームには同士討ちが無いので、それで味方は生き延びる事が出来る。
 もし一度に2発以上のロケットが飛んで来たとしても、同時に飛んで来たのであれば一度に全部同じ方向に跳ね返す事が可能だ。落ち着いて対処しよう。
 
 燃えている味方にエアブラストをしてあげると、味方が消火され、&color(Red){自分のHPが20回復};する。
 回復源としても十分利用できるし、味方も消火できるで一石二鳥だ。積極的に狙おう。
 #br
 SGを守るのには最高のバリアだ。銃弾では正面からSGを壊す事はとても難しく、爆発物に頼るしか無くなるがそれも全て弾いてしまう事が出来る。
 
 エンジニアが自分用にそばにディスペンサーでも作っていてくれれば、難攻不落の要塞と化したも同然だ。
 
 唯一の弱点はスナイパーに頭をブチ抜かれる事だが、敵の侵入口が決まっているのであれば警戒中はSGの陰に隠れるようにすれば、スナイパーを歯軋りさせられるだろう。フレアガンで嫌がらせをしてやるのもよい。
 
 粘着爆弾はどかす事は出来るがそこまでしか出来ず、自分の弾扱いにはならないので、下手な散らばし方をすると被害を広げる可能性がある。数が少なければ、ショットガンで壊してしまう事も検討すべきだ。
 
 ソルジャーに対しては強力なアンチとなり、中距離で遭遇したら火炎放射器を構えてやれば弱気な奴ならロケットランチャーを引っ込めてしまうはずだ。
 及び腰で後退を考えているように見えたら、フレアガンを持っているのなら燃やして追い討ちを掛けてもいい。
 強気なソルジャーでも自慢のロケットランチャーは100%の実力は発揮出来ない、覚悟を決めて近づいて来るようなら自慢の火炎放射でお迎えしよう。
 #br
 SGのミサイルは一定のタイミングで発射されるのでそれを読む事自体は難しくないが、パイロのヘルスはその間のLv3のSGの銃撃に耐えていられる程には多くないので、狙ってやる事はまず無理だと考えておいた方がいい。
 やるのであれば先行の味方の後ろにつき、ついでに跳ね返す事を狙おう。ユーバーをもらって突っ込む時はそんな暇があるならば火を噴いてさっさとSGを壊すべきだ。
 #br
 Dead Ringerを装備したスパイは偽死後のダメージ耐性が非常に高く、通常なら厄介な敵ではあるが
 エアブラストを使えば何の苦も無く処理することができる。
 偽死後、着火することが出来たならばマップの角などに押し付けるようにエアブラストを連発してやろう。
 透明化を解除しない限り抵抗することも出来ないし、燃料が満タンであれば自然に解除されるまで捕らえ続けることも出来る。
 透明化が解除されたらあとは好きなように始末してしまえばいい。
 *エアブラストの距離 [#g2ad6e55]
 
 空気砲でユーバーを跳ね返そうとした時、予想以上に飛んでいくときとなぜかピクリともしない時がある。
 吹き飛ばす距離に差が生まれる理由は両者の高さの差にある。自分が相手より高所に居れば飛ばず、
 相手より低所に居れば大きく飛んでゆく。
 
 
 ・「武器角度」は無関係 
   下を向けてうとうと、上に向けてうとうと飛ぶ高さ・距離は同じ
 
 &attachref(1-1.jpg,nolink);
 
  
 
 ・「しゃがみ撃ち」は少しだけ高く上がる 
   しゃがむとプレイヤーのY軸が多少下がる
   そのためプレイヤーと相手プレイヤーのY軸(高さ軸)に差が出て、距離が少し・高さがそこそこ伸びる
   打ち上げ高さが高くなり、相手の無効化時間が長めになる
 
 &attachref(2-1.jpg,nolink);
 
  
 
 ・「下り坂・下り階段」での空気砲 は無効化・もしくは距離が短い
 ・「登り坂・上り階段」での空気砲 は長距離化する
  
   下り坂を防衛しているとき、空気砲で相手がピクリとも動かずユーバー返しに失敗する事がある。
   下り坂では自身のY軸が高くなり、相手のY軸が低くなる。内部的に「上から打ち付けてる判定」となり
   全く浮かなかったり、浮いても非常に距離が短くなる。
   目安としては1/3身高ければ飛距離半減、半身高ければ相手をピクリとも動かせなくなる。
   可能な限り密着してエアブラストすれば、高さの差が少なくなり距離減退を最小限に出来る。
  
   逆に登り坂では、自身が低くなり相手が高くなり、内部的に「打ち上げてる」判定となり、
   距離・高さ共に高くなり数倍の距離を飛ばすことが出来る。その為、登り坂を防衛する場合かなりユーバー防衛しやすい。
 
 &attachref(3-1.jpg,nolink);
 
 
 エアブラスト距離のまとめ
  ・ 自身のY軸を下げる事が空気砲の長距離化につながる (できるだけ下位置から使う)
  ・ しゃがみ空気砲は少しだけ相手の無効化時間と距離を伸ばす
  ・ 登り坂は返しやすい 登り坂では出来るだけ離れてエアブラストする(自身のY軸が低くなり距離が伸びる)
  ・ 下り坂では距離減退 下り坂では可能な限り密着してエアブラストする(自身のY軸の高さによる距離減退を押さえれる)
 *アップデート履歴 [#wd29b521]
 ここではパイロさんの最新のアップデートと過去のものをまとめている。
 
 ''過去のアップデートは[[こちら:http://tfortress2.wikiwiki.jp/?%A5%D1%A5%A4%A5%ED%20%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A5%C7%A1%BC%A5%C8%CD%FA%CE%F2]]''
 **最新のアップデート [#e2d83f14]
 ''実施日 2015/12/17''
 ・味方を消火したときにヘルスが20回復するようになった。
 
 ・エアーブラストで浮かせている敵が着地するまでエアストレイフできなかった効果を削除した。
 
 ・火炎放射器のダメージの距離による減衰が軽減され、至近距離でのダメージがより大きくなった。
 
 ・ディグリーサー
 あらゆる武器の切替速度が短縮されていた効果を削減した。代わりに、この武器に持ち替えるときの速度が60%短縮され、他の武器に持ち替えるときの速度が30%短縮されるようになった。
 
 与ダメージペナルティを削除した。
 
 エアーブラストのコストが 25% 増加した。
 
 延焼ダメージ低下ペナルティが 25% から 66% に増加した。
 
 ・フロギスティネーター
 与ダメージペナルティ 10% 低下を削除した。
 
 'MMMPH' を発動したとき、挑発モーション中はパイロが無敵になり、ノックバック効果も無効になった。
 
 ・アクスティングイシャー
 燃えているターゲットには 100%クリティカル
 
 与ダメージペナルティ -33%
 
 攻撃速度 -20% 低下
 
 この武器に持ち替えるときの切替速度 -75% 低下
 
 ''以下は全クラス共通''
 
 武器の切替速度が0.67秒から0.5秒になった。
 
 スポーンしてから10秒間は味方プレイヤーの輪郭線が表示されるようになった。
 
 武器の説明文を更新し、性能をより正確に描写したものになった。
 
 ''以下は特定のクラス共通''
 
 ・パニック・アタック
 最大まで装填しても自動で発射されることがなくなり、装填した状態を保持したまま好きなときに撃つことができるようになった。
 
 ・リザーブ・シューター
 あらゆる武器の切替速度が短縮されていた効果を削減した。代わりに、この武器に持ち替えるときの速度が20%短縮され、他の武器に持ち替えるときの速度が15%短縮されるようになった。
 
 あらゆる空中のターゲット(ジャンプ中など)へのダメージがミニクリッツになっていた効果を削減した。爆発ジャンプやノックバック、エアーブラスト、フックを使用中のターゲットに限って効果が反映されるようになった。
 *お勧め装備セット [#i7504465]
 ''基本セットDegreaser編''
 %%%プライマリ:Degreaser セカンダリ:Flare GunかShotgun 近接:Powerjack%%%
 大会、特にハイランダー戦でよく見られる武装セット・・・というかほぼ固定。
 
 単独でもそこそこ対応出来る柔軟性がある。
 
 powerjackはもっぱら移動用でプライマリ→セカンダリで攻めるのが基本。
 攻撃時は瞬間火力のあるFlare Gun、防衛時は総合火力に優れたShotgunがよく好まれる。
 大会では禁止武器指定があるためReserve Shooterはあまり使われてないが、そんな制限のない通常のプレイにおいては上手く扱えればShotgunより瞬間火力が出るのでこちらを使うのをオススメする。
 クラン戦等を意識したい人向け。
 
 余談だがDegreaserとPowerJack、そして帽子のAttendantを装備していると(サブ武器はなんでも良い)敵をキルした時、自分が死んだ時に自前でその場に墓石が数秒間設置される。存在感を出したい人は一緒に装備するといいだろう
 #br
 ''基本セット火炎放射器編''
 %%%プライマリ:火炎放射器 セカンダリ:Shotgun(flare gun) 近接:Powerjack%%%
 デフォルトの火炎放射器を中心にしたセット。degreaserと差異はエアブラストが多く使えるので6v6のような弾薬の補給がし辛いゲームモードや防衛向けのセット。
 一応フレアガンは使えなくないものの、持ち替え速度が遅いので火炎放射器の射程を補うことが可能なショットガンの方がいいだろう。同じような理由でリザーブシューターとの相性もいまいち。
 #br
 ''基本セットBackburner編''
 %%%プライマリ:Backburner セカンダリ:Detonator 近接:Powerjack%%%
 大会、特にハイランダー戦で次点でよく見られる武装セット。
 
 こちらはチーム戦による連携を想定したもの。
 
 近接も相変わらず移動用だがセカンダリもほとんど自爆ジャンプによる移動用。
 実用性を備えてる中で、プライマリによる火炎をメインにして戦うもっともパイロらしい装備セットといえる。
 ・・・がエアブラストの使用が乏しく制限されているのと、セカンダリが頼れないため射程が乏しいだけでなく、背後をとらないと瞬間火力がでないのでかなりピーキーな装備セットである。
 
 Detonatorの代わりに自爆ダメージの少ないScorch Shotを装備するといくらか自爆ダメージが低下し、敵uber時に弾が切れていたりや距離が離れていてもノックバックの時間が稼げるようになるが、
 自爆した際の反動が小さくなるため、いけない所やシビアな判定を要求する場所が増えるので一丁一旦。
 #br
 ''クリティカルセット''
 %%%プライマリ:Degreaser セカンダリ:Flare Gun 近接:Axtinguisher%%%
 
 Degreaserで着火した後、Flare GunかAxtinguisherでクリティカルをお見舞いするセット。
 
 正面での戦闘はDegreaserですぐに着火→Flare Gunでクリティカル。背後をとれた場合にはDegreaserですぐに着火→
 Axtinguisherでクリティカルで戦うといいだろう。
 
 Flare Gunを命中させるにはそこそこのAim力が必要なため、しっかり当てられる自信がない人には不向き。
 
 蛇足だがパイロ等の燃えない相手にも最速レートで持ち変えればFlare Gunのクリティカルを引き出せる。
 #br
 ''イービルパイロ''
 %%%プライマリ:Phlogistinator セカンダリ:Scorch-Shot 近接:Powerjack%%%
 リバティーランチャーやトミスラブのようにその武器最大の長所が一度徹底的にnerfされた武器は別の方面からのbuffが試みられるのがほとんどなのに対して、ゲイブ神に気に入られたのか珍しく実装直後の性能に戻すだけでなく純粋な強化がされたPhlogistinatorを最大限生かすことを目的にしたセット。
 普段はスコーチでスパムし、溜まったら敵陣のど真ん中で発動し無理やり攻めるセット。
 知識のない相手にははっきり言って最強。だが知識のある相手、特にエアブラスト保持のパイロ同士のミラーマッチには最弱と浮き沈みが激しい。
 #br
 ''独断での奇襲、待ち伏せセット''
 %%%プライマリ:Backburner セカンダリ:お好みで 近接:Back Scratcher%%%
 
 Backburnerで敵にクリティカルをお見舞いする戦法。
 
 セカンダリはもし失敗してしまったときの保険であるので、基本的に好きなものを選んで構わない。近接はBack Scratcherを装備することでライフの回復値を上昇させる。
 
 //腕に自信があるなら燃えている敵に対してミニクリティカル、燃えている時に背後からクリティカルを与えられるAxtinguisherでもいい。
 #br
 ''防衛特化パイロver''
 %%%プライマリ:Degreaser セカンダリ:Reserve ShooterかScorch-Shot 近接:HomewreckerかMaul%%%
 まだパイロになれてないよ!という方に。
 一部ではpybroとも言われてたり。(おそらくbroは親しみを込める意味での)
 特に防衛時は一人いるかいないかで結構変わる(特にエンジニアからはmaulを装備してるとコイツできる!と勝手に判断されやすい)。防衛陣地をうろうろしながらスパイをかたっぱしから燃やしつつコンボの練習でもしてよう。たまに敵スパイがわざわざ入り口にザッパーを仕掛けてくれてポイントを恵んでくれることも。
 
 Degreaserよりデフォルト火炎放射器の方が威力の面で使いやすいのでは?と思うかもしれないが、武器切り替え速度向上は間接的にリロード速度、瞬間火力、エアブラストの対応力を向上してくれるのでバカにできない。
 
 パイロは状況に応じて素早く武器を切り替えることが大切なので、延焼のダメージ低下とエアブラストのコスト増加のデメリットに見合った大きなメリットである。ぜひ使いこなしたいところ。
 
 Reserve Shooterは一刻も早くサッパーを外したい時に時に、Scorch-Shotは敵uberの足止めを少しでも増やしたい場合に使い分けるとなおよし。
 
 さてこの武装セット一番の問題は使いこなせばこなすほど近接使わねーじゃん!or意味ねーじゃん!となることだが、
 それは成長した証拠なのでPowerjackを装備するといい。
 #br
 '' &heart; 幸せを届けようセット ☆ ''
 %%%プライマリ:Rainblower セカンダリ:Scorch Shot 近接:Lollichop%%%
 
 Rainblowerでかわいいお花を咲かせよう。 (^^; 
 
 Scorch Shotで友達にシャボン玉を見せてあげよう。 (--; 
 
 Lollichopを腹ペコのみんなに分けてあげよう。 (OO;
 *トリビア [#m01aaa27]
 -Pyroの声はDennis Batemanによって演じられています。PyroとSpyの声優は同じ人物です。
 -Pyroは[[Trailer 2:http://www.youtube.com/watch?v=a7ozG-YNLNg]]の段階では、jobとmottoが設定されていませんでした。
 (※訳注、wiki内では「任務」と「何か一言」としておきました)
 -Pyroは右利きですが、何故か消化斧を左手に持ちます。
 -Pyroは足元に打ち込まれたロケットを跳ね返すことで、[[ロケットジャンプ:http://www.youtube.com/watch?v=aP9s0xu4z_0]]することができます。
 -PyroはSniperのHuntsmanの矢に火をつけることができます。(専用のKillアイコンも用意されています)
 -Pyroはアップデート時に新たな挑発アニメーションが追加されなかった唯一のクラスです。
 -Pyroが背中に背負っているタンクは燃料が詰まっているわけではなく、空気が入っています。火炎放射器自体に燃料タンクが組み込まれており、燃料はそこからの供給で十分なのです。
 -Pyroは花柄のハンドバックを彼(彼女?)のロッカーにしまっています。
 -Pyroの自家製火炎放射器は、ガスポンプとプロパンガスの容器を改造して作ったものです。
 -Meet the SniperにおいてブルーPyroは公式発表前であったにも関わらず、フレアガンを装備していました。
 -あるファンたちはPyroが女性であると信じています。彼らの主張には幾つかの根拠があり、花柄のハンドバックがロッカーにしまってあること。[[Alarm-O-Tron 5000:http://teslabluey.deviantart.com/art/Alarm-O-Tron-5000-122996343]](Meet the SpyにてブルーSoldierが見ていたスクリーン)の中で「Red Pyro」のパネルの2つ下に「〜は女性である」というパネルが存在すること。SoldierやSpyがPyroを制圧した時のセリフにPyroが女性であるかの様なセリフがあること、などです。しかしながら、Pyroが男性だという説も当然ながらあります。こちらの根拠はAlarm-O-Tron 5000の中での「Red Pyro」のパネルのすぐ下に「〜は男性である」というパネルがあること。そもそも声優がSpyと同じ人であり、彼が男性であることなどを反証としています。
 -Pyroの挑発、「波動拳」はストリートファイターシリーズを元ネタにしたものです。
 -Pyroの帽子の1つ、『どうでもいいゴム手袋』はクレイアニメ『ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ』でペンギンがつけているものとほとんど同じです。
 &attachref(http://tfortress2.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%A2%A5%A4%A5%C6%A5%E0%A1%A6%C1%F5%C8%F7%C9%CA&src=pyro_chickin.jpg,nolink);
 -Pyroが敵の撃ったロケットなどをエアブラストで跳ね返してKillするとキルログに専用のアイコンが出ますが、Sandmanのボールだけは専用のアイコンがありません。
 *コメント [#wdee1f00]
 #pcomment(Pyro/コメント,15)